芸能

常識を覆した新スーパー戦隊「男性がピンクの戦士」になった理由

第3話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

第3話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

 長きに渡り国民的作品として親しまれている“スーパー戦隊シリーズ”。その最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(テレビ朝日系、毎週日曜朝9時30分〜)が革新的と話題だ。番組プロデューサーに話を聞くと、従来のシリーズの常識を覆す挑戦の裏には31年ぶりにメイン脚本を務める脚本家の存在があった。

 シリーズ46作目となる『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、昔話の桃太郎をモチーフに、主人公・ドンモモタロウをはじめとした5人のヒーローたちが悪に立ち向かう物語。“お供”のサルブラザー、イヌブラザー、キジブラザーのほか、桃太郎では敵役である鬼をモチーフにしたオニシスターもドンモモタロウの仲間となって共に戦う。

 主人公はドンモモタロウだが、物語はオニシスターこと鬼頭はるか目線で始まる。鬼頭はるかは突然ヒーローに変身する力を得ることになった、ごく普通の女子高生だ。女子高生を語り部とした理由について、番組プロデューサーの白倉伸一郎氏はこう説明する。

「レッドのドンモモタロウ=桃井タロウは人智を超越したヒーローという位置づけで、かなり常人離れしているんですね。一方でイエローのオニシスター=鬼頭はるかはいわゆる普通の女子高生。わりと等身大に近い位置づけになっています。その鬼頭はるかが語り部の役を務めるので、視聴者とほとんど変わらない目線から入り、徐々に非日常的な世界が広がっていき、その極致であるところのレッドと出会う。

 あくまでも男の子向けの番組ではあるので、女の子が物語を牽引していく、または女の子と一緒に感情移入してヒーローを見ていくというのは、ややチャレンジングな試みなんです。けれど脚本家の井上敏樹先生の腕前もあって、とても自然に出来上がりました。きちんとスーパー戦隊のヒーロー番組として成立しています」

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン