芸能

常識を覆した新スーパー戦隊「男性がピンクの戦士」になった理由

第3話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

第3話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

 長きに渡り国民的作品として親しまれている“スーパー戦隊シリーズ”。その最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(テレビ朝日系、毎週日曜朝9時30分〜)が革新的と話題だ。番組プロデューサーに話を聞くと、従来のシリーズの常識を覆す挑戦の裏には31年ぶりにメイン脚本を務める脚本家の存在があった。

 シリーズ46作目となる『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、昔話の桃太郎をモチーフに、主人公・ドンモモタロウをはじめとした5人のヒーローたちが悪に立ち向かう物語。“お供”のサルブラザー、イヌブラザー、キジブラザーのほか、桃太郎では敵役である鬼をモチーフにしたオニシスターもドンモモタロウの仲間となって共に戦う。

 主人公はドンモモタロウだが、物語はオニシスターこと鬼頭はるか目線で始まる。鬼頭はるかは突然ヒーローに変身する力を得ることになった、ごく普通の女子高生だ。女子高生を語り部とした理由について、番組プロデューサーの白倉伸一郎氏はこう説明する。

「レッドのドンモモタロウ=桃井タロウは人智を超越したヒーローという位置づけで、かなり常人離れしているんですね。一方でイエローのオニシスター=鬼頭はるかはいわゆる普通の女子高生。わりと等身大に近い位置づけになっています。その鬼頭はるかが語り部の役を務めるので、視聴者とほとんど変わらない目線から入り、徐々に非日常的な世界が広がっていき、その極致であるところのレッドと出会う。

 あくまでも男の子向けの番組ではあるので、女の子が物語を牽引していく、または女の子と一緒に感情移入してヒーローを見ていくというのは、ややチャレンジングな試みなんです。けれど脚本家の井上敏樹先生の腕前もあって、とても自然に出来上がりました。きちんとスーパー戦隊のヒーロー番組として成立しています」

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン