芸能

常識を覆した新スーパー戦隊「男性がピンクの戦士」になった理由

第3話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

第3話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

 長きに渡り国民的作品として親しまれている“スーパー戦隊シリーズ”。その最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(テレビ朝日系、毎週日曜朝9時30分〜)が革新的と話題だ。番組プロデューサーに話を聞くと、従来のシリーズの常識を覆す挑戦の裏には31年ぶりにメイン脚本を務める脚本家の存在があった。

 シリーズ46作目となる『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、昔話の桃太郎をモチーフに、主人公・ドンモモタロウをはじめとした5人のヒーローたちが悪に立ち向かう物語。“お供”のサルブラザー、イヌブラザー、キジブラザーのほか、桃太郎では敵役である鬼をモチーフにしたオニシスターもドンモモタロウの仲間となって共に戦う。

 主人公はドンモモタロウだが、物語はオニシスターこと鬼頭はるか目線で始まる。鬼頭はるかは突然ヒーローに変身する力を得ることになった、ごく普通の女子高生だ。女子高生を語り部とした理由について、番組プロデューサーの白倉伸一郎氏はこう説明する。

「レッドのドンモモタロウ=桃井タロウは人智を超越したヒーローという位置づけで、かなり常人離れしているんですね。一方でイエローのオニシスター=鬼頭はるかはいわゆる普通の女子高生。わりと等身大に近い位置づけになっています。その鬼頭はるかが語り部の役を務めるので、視聴者とほとんど変わらない目線から入り、徐々に非日常的な世界が広がっていき、その極致であるところのレッドと出会う。

 あくまでも男の子向けの番組ではあるので、女の子が物語を牽引していく、または女の子と一緒に感情移入してヒーローを見ていくというのは、ややチャレンジングな試みなんです。けれど脚本家の井上敏樹先生の腕前もあって、とても自然に出来上がりました。きちんとスーパー戦隊のヒーロー番組として成立しています」

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン