芸能

橋、舟木、西郷の「御三家」とK-POPの類似点「完成された形でデビュー」

(写真/女性セブン写真部)

「御三家」と呼ばれた西郷輝彦さん(左)、舟木一夫(中央)、橋幸夫(写真/女性セブン写真部)

 歌手の西郷輝彦さん(享年75)が2月20日に前立腺がんで逝去した。1947年に鹿児島県で生まれた西郷さんの歌手デビューは1964年。デビュー曲の『君だけを』で一気にスターダムにのし上がり、同じく1960年代に活躍した橋幸夫(78才)、舟木一夫(77才)の2人とともに「御三家」と称された。

 御三家の功績について、『ニッポン男性アイドル史』の著者で社会学者・文筆家の太田省一さんはこう話す。

「御三家の功績の1つは、スターとファンとの距離をぐっと縮めたこと。当時のスターはいわゆる“大人”が多く、ファンから離れた雲の上の存在でしたが、御三家は当人たちもファンも若者。自然と距離が縮まり、憧れだけでなく、親近感や共感を持って芸能人を応援するムードを作り上げたのです」(太田さん)

 ファンと芸能人の距離を縮めるきっかけにもなった御三家だが、それは決してスターが自らがアマチュアに近づくという意味ではない。ファンを大切にしつつも、プロとして芸を磨く努力は惜しまなかった。

「身近な存在である一方、夢の世界に生きるのが当時のアイドルの宿命です。いまのように“天然ボケ”や“隣のお兄さん”といった素人っぽい親しみやすさが好意的に評価される時代ではなかったため、歌や演技で実力を発揮しなければというプレッシャーは相当なものだったはずです。御三家をはじめとする当時のアイドルは、ファンを喜ばせるべく、常に完璧でいるための必死の努力を重ねていました」(元民放テレビ局員)

 太田さんは、御三家はデビュー時からすでに“完成形”だったと指摘する。

「いまは歌や踊りのつたない新人アイドルでも、その成長を見守るような楽しみ方もありますが、当時はそうではない。たとえば橋さんや舟木さんはデビュー前に、戦後歌謡界の重鎮として5000曲以上を生み出した作曲家の遠藤実さんを師匠として厳しいレッスンを受けていました。

 だから初々しさは残りつつ、基礎の力が備わっていた。歌やダンスのレッスンを積んだ上でデビューし、完成された形を提供するという意味では、いまのK-POPに近いとも言えるかもしれません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン