芸能

橋、舟木、西郷の「御三家」とK-POPの類似点「完成された形でデビュー」

(写真/女性セブン写真部)

橋の歌う『子連れ狼』はドラマとともにお茶の間に浸透した(写真/女性セブン写真部)

 後輩として西郷さんの背中を追いかけ続けた俳優の森田健作(72才)は、そのすごみを間近で目撃したと回想する。

「憧れの先輩だった西郷さんと初めて対面したのは1970年に雑誌『週刊平凡』のグラビア撮影でのこと。当時のサンミュージックの相澤秀禎社長が運転するアメ車・サンダーバードでさっそうと撮影場所に現れ、車から降りてきた姿からは“これがスターなんだ”と一目でわかるような光り輝くオーラを感じました。

 その後、ぼくがテレビドラマに出るようになって知名度が上がってきたときに相澤社長から、『みんながきみを新スターと言っているけど、きみはたんなる一時の有名人だ。スターというのは西郷のことだよ』と言われたのも印象深いです。

 映画に出れば主役、テレビに出ても主役、舞台では座長、歌を歌えばヒットを出してコンサートもする。この5つを制覇して初めてスターと呼べるのだと言うのです。あの日の西郷さんの姿と、いまにいたるまでの活躍ぶりを思うと、本当にその通りだと痛感します」(森田)

 歌も演技もこなした御三家はこの“スターの定義”にぴったり当てはまるが、なかでも最もマルチな才能を発揮したのが西郷さんだった。作詞家で、西郷さんに歌詞を提供した経験もある湯川れい子さんはいう。

「1960年代初頭の石原裕次郎さんや小林旭さんの活躍で、映画の中で俳優が歌うことが一般化されました。そこで鹿児島の高校を中退し、もともとは日活俳優を目指して家出したという経歴のある西郷さんに、いち早く映画出演の声がかかった。

 最初は歌ありきの『歌謡映画』でしたが、次第に大河ドラマから時代劇の髷物までこなすようになり、その演技力は高く評価されました。舟木さんと橋さんも舞台やドラマに出演しますが、3人のなかで最も広い範囲に翼を広げたのが西郷さんでした」

 俳優業に身を投じると、男性ファンも増えていった。

「それまで女の子たちがキャーキャー言っているイメージだった西郷さんのかっこよさに気づいたのは、1973年の『どてらい男(ヤツ)』(フジテレビ系)でした。大阪の機械工具総合商社『山善』の創業者・山本猛夫がモデルの主人公は、とにかくエネルギッシュでかっこよかった。

 決めぜりふの『よーし、やったるわい!』は元気を出したいときによく真似していました(笑い)。このドラマに触発されて、会社を辞めて起業を決意した同僚もいました」(60代男性)

※女性セブン2022年3月31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン