芸能

橋、舟木、西郷の「御三家」とK-POPの類似点「完成された形でデビュー」

(写真/女性セブン写真部)

「御三家」と呼ばれた西郷輝彦さん(左)、舟木一夫(中央)、橋幸夫(写真/女性セブン写真部)

 歌手の西郷輝彦さん(享年75)が2月20日に前立腺がんで逝去した。1947年に鹿児島県で生まれた西郷さんの歌手デビューは1964年。デビュー曲の『君だけを』で一気にスターダムにのし上がり、同じく1960年代に活躍した橋幸夫(78才)、舟木一夫(77才)の2人とともに「御三家」と称された。

 御三家の功績について、『ニッポン男性アイドル史』の著者で社会学者・文筆家の太田省一さんはこう話す。

「御三家の功績の1つは、スターとファンとの距離をぐっと縮めたこと。当時のスターはいわゆる“大人”が多く、ファンから離れた雲の上の存在でしたが、御三家は当人たちもファンも若者。自然と距離が縮まり、憧れだけでなく、親近感や共感を持って芸能人を応援するムードを作り上げたのです」(太田さん)

 ファンと芸能人の距離を縮めるきっかけにもなった御三家だが、それは決してスターが自らがアマチュアに近づくという意味ではない。ファンを大切にしつつも、プロとして芸を磨く努力は惜しまなかった。

「身近な存在である一方、夢の世界に生きるのが当時のアイドルの宿命です。いまのように“天然ボケ”や“隣のお兄さん”といった素人っぽい親しみやすさが好意的に評価される時代ではなかったため、歌や演技で実力を発揮しなければというプレッシャーは相当なものだったはずです。御三家をはじめとする当時のアイドルは、ファンを喜ばせるべく、常に完璧でいるための必死の努力を重ねていました」(元民放テレビ局員)

 太田さんは、御三家はデビュー時からすでに“完成形”だったと指摘する。

「いまは歌や踊りのつたない新人アイドルでも、その成長を見守るような楽しみ方もありますが、当時はそうではない。たとえば橋さんや舟木さんはデビュー前に、戦後歌謡界の重鎮として5000曲以上を生み出した作曲家の遠藤実さんを師匠として厳しいレッスンを受けていました。

 だから初々しさは残りつつ、基礎の力が備わっていた。歌やダンスのレッスンを積んだ上でデビューし、完成された形を提供するという意味では、いまのK-POPに近いとも言えるかもしれません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン