スポーツ

中畑清氏が広島の200勝投手・北別府学のクセを見抜けた理由

「精密機械」北別府学(時事通信フォト)

「精密機械」北別府学(時事通信フォト)

3月25日に今季のプロ野球の熱戦の火ぶたが切って落とされる。各球団が対戦相手のデータ分析などでも鎬を削ることになるが、一昔前は相手投手の「クセ」を見破ることが非常に重要だった。球界の大物OBが集まる席では、現役時代に誰が誰の「クセ」を見破っていたかで、大いに盛り上がりを見せた。

 野球評論家の江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏が一堂に会し、今季の展望を語る座談会の様子が本誌・週刊ポストの3月18日発売号に掲載されたが、その席では現役時代を振り返るトークにも花が咲いた。

 達川氏が、「中畑さんは野生児のように見えて、クセを見ているんですよ。うちの北別府(学)なんか見抜かれていました。ノースリーからのカーブをポール際にファールされ、もう1球カーブを続けたら左中間に大ホームランですからね。北別府はカーブを投げる時に腕が緩むクセがあって、それを見抜かれていた」と水を向けると、中畑氏は「北別府だけだよ」と笑った。

 北別府氏と言えば、そのコントロールの良さから「精密機械」の異名を取り、最多勝2回(1982年、1986年)、防御率1位1回(1986年)、沢村賞2回(1982年、1986年)に輝いている。広島一筋で現役通算213勝をあげた大投手だけに、明らかなクセがあったとはなかなか信じられないが、中畑氏は笑顔でこう語るのだった。

「あれは篠塚(和典)に教えてもらったんだけど、あんなわかりやすいクセはなかったよね。篠塚なんて、振りかぶった瞬間にわかると言っていたからね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン