芸能

城島茂も「だからBSってすばらしい」 珍回答連続で仰天のクイズ番組

岡田圭右

岡田圭右が司会の『クイズ!脳ベルSHOW』に城島茂が参戦(公式HPより)

 民放BS5局が局の垣根を超えて年に一度共同制作する特別企画で今年は、TOKIOのメンバーが人気番組に出演。コラムニストのペリー荻野さんが注目したのは、城島茂が参戦したBSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』だ。「BSの可能性を感じた」というその内容とは? ペリーさんが解説する。

 * * *
「民放BS5局×TOKIO みんなでBSをつくろう!」を合言葉に放送された「2021年度の民放BS5局の共同制作番組」の数々。

「年度」という言葉が、堅苦しい感じだが、今年はTOKIOの三人が、各局のいろいろな番組とコラボした。国分太一はBSテレ東『突撃!隣のスゴイ家』でアンガールズとこだわりの家をチェック、松岡昌宏はBS-TBSの『町中華で飲ろうぜ』で玉ちゃんと三軒の店をはしごして「ラー油キクラゲ」などで飲みまくるなど、各番組とも特別感があったが、中でも衝撃的だったのは、城島茂が出演したBSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』だった。

 40代から80代のベテラン芸能人が、脳の衰えを食い止めるべく、さまざまなクイズに挑戦するというこの番組。「まさかこの問題にこの回答!?」という珍回答の破壊力と、進行してるんだかスベり続けてるんだかわからないMCの岡田圭右の姿に、ふだんから違う意味で脳が刺激される番組だと思っていたが、城島をゲストに迎えた超拡大スペシャルになり、制作陣の気合はただならぬものとなっていた。

 まず、城島とともにパネラー席に並んだのが、梶原しげる、斉木しげる、泉谷しげるで「しげる尽くし」。出題者が昔のヒット曲を鼻歌で歌うのを聴いて曲名を当てるクイズには、84歳の「こまどり姉妹」が登場。「ああああん、あああ」などとふたりが鼻歌を歌っても、とても曲名までたどりつけない。

 結局、「85年のヒット曲」「三人組」などのヒントで少年隊の『仮面舞踏会』と判明したが、鼻歌はいったいなんだったのか…。ちなみにこまどり姉妹は、城島について、「TOKIOだったころ、私たちは忙しくて」名前がわからないという。「だったころ」と言われても、まあ、いいかと思えるのが、こまどり姉妹。さすがだ。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン