芸能

ダウンタウン、ナイナイらを輩出 笑いの構造をマジメに学べる「NSC」に潜入

NSC東京校のネタ見せ授業

NSC東京校のネタ見せ授業

 お笑い界での成功を目指すなら、「芸人に弟子入りし、師匠の背中を見ながら数年かけて芸を盗む」以外にも道がある。お笑いを学べる学校は10校以上存在するが、なかでも吉本興業が運営する学校、通称「NSC(New Star Creation)」は、圧倒的多数の芸人を輩出してきたことで知られる。1年間で次世代のお笑いスターを育成する、そのシステムを垣間見てみよう。

「トリオを結成してから日が浅いでしょ?」

 NSC(吉本総合芸能学院)東京校のネタ見せ授業。生徒が自作のネタを披露し、それを見た講師が指導していく時間だ。じつは数か月前に相方と別れた者同士でトリオを組み直しまして……と生徒が説明すると、NSC講師を務める放送作家の遠藤敬氏は、

「関係性の緩さが、こちらに伝わってきてしまう。3人ならもう劇団のようなものだから、誰かひとりが座長にならないと、ネタにもまとまりが出ないね」

 と、やさしい口調で改善点を指摘していく。ほかの生徒には、声の大きさ、演技力、ネタ展開のさらなるヒネリなど、各人に即した講評を繰り出す。緊張して頭が真っ白になり、セリフが飛んで立ち尽くしてしまった生徒には、

「売れてる芸人でも緊張はする。対策として、セリフが口から勝手に出てくるくらい、とにかく練習するしかない。ライブでギャグがスベるとムチャ緊張するけど(笑)、ウケたら緊張は消えるものだから」とアドバイスした。

 お笑いを学ぶ学校は、一般的に「養成所」とも呼ばれ、多くが芸能事務所の傘下にある。芸能事務所側としては、才能ある芸人の卵をいち早く探し出して所属させたい。芸人を目指す素人は、業界を知り尽くす芸能事務所の力を借りたい。両者を結び付けるお笑いの学校は、双方にチャンスを与えてくれる場なのだ。

 芸人になる方法としては、すでに成功を収めた芸人に弟子入りし、師匠の身の回りの雑用をこなしつつデビューのチャンスを待つのが過去の王道だった。

 ただし、漫才といえば「ボケ役とツッコミ役が元気にテンポよく話を進める」ばかりだったのが、今や「2人ともボケ役で延々ボケまくる」「ゆったりと気弱な口調でシュールなオチを繰り出す」「あまりしゃべらず、沈黙の時間で笑わせる」など、幅広い芸風が世間に受け入れられている。となると、師匠ひとりで新しいお笑いスタイルに理解を示し、自分とはまったく路線の異なる弟子を指導するには限界もあるだろう。

 一方、複数の講師を抱えるお笑いの学校は、笑いの多様性を広げる源だ。とくに大手芸能事務所である吉本興業が運営するNSCは、大阪校の1期生でいきなりダウンタウンを輩出。続いてナインティナイン(9期)、ブラックマヨネーズ(13期)、ゆりやんレトリィバァ(35期)、東京校からはピース(5期)、渡辺直美(12期)、空気階段(17期)などなど、毎年確実に旬な芸人を育て、デビューさせてきた。彼らの後に続くべく、NSC生は今日も至極マジメにお笑いを学んでいるのである。

関連記事

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン