芸能

ダウンタウン、ナイナイらを輩出 笑いの構造をマジメに学べる「NSC」に潜入

M-1グランプリ2009を優勝したパンクブーブーの佐藤哲夫もNSC講師を務める

M-1グランプリ2009を優勝したパンクブーブーの佐藤哲夫もNSC講師を務める

M-1王者からレジェンドまで講師はお笑いの成功者たち

【現役で活躍する著名芸人が直接指導】
 売れっ子芸人が多忙なスケジュールを調整しつつ講師役を務める。運営する吉本興業の歴史や人脈の賜物だ。

一例)
・木村祐一:芸人活動のほか映画監督、放送作家として活躍
・佐藤哲夫(パンクブーブー):M-1グランプリ2009優勝
・竹若元博(バッファロー吾郎):近年は即興トーク&コントで活躍

【放送作家やディレクターも講師に】
 お笑い界を俯瞰しつつ裏方から支えてきた面々が、指導やアドバイスを行なう。笑いの源泉に触れる絶好のチャンス。

一例)
・本多正識:構成作家、『M-1グランプリ』など複数のコンクールで審査員
・大池晶:関西演芸作家協会・副会長、NHK『バラエティー生活笑百科』台本担当

現役生徒〈NSC東京校27期生〉はNSCをこう見ている

カーステレオミュージック

カーステレオミュージック

・カーステレオミュージック:フリーで芸人活動をしていたが、自分たちで改善点を見つけられず、指導を求めてNSC入学。「同期生というライバルが大勢いるので、モチベーションが保てる」

ガシヒ

ガシヒ

・ガシヒ:30歳を目前に芸人への転身を決心した、元・CMクリエイター。ネタ作りは未経験だったが、入学後「ネタを作って、人に見せて、の循環で芸人としての基礎ができた」

ナンシャ

ナンシャ

・ナンシャ:「有名人になって故郷に錦を飾りたい」ユーチューバーと「NSC入学は親にナイショ」の元・証券会社社員によるコンビ。NSCの利点は「吉本が持つ舞台にすぐ出られるところ」

取材・文/山本真紀 撮影/古川章

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト