国際情報

ゼレンスキー氏の国会演説 日本の“察する文化”意識した巧みな手法

ウクライナのゼレンスキー大統領をサポートする人たちとは(Ukrinform/時事)

日本の国会で演説を行ったウクライナのゼレンスキー大統領(Ukrinform/時事)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、国会で行われたウクライナのゼレンスキー大統領の演説について。

 * * *
 どのような言葉で、どんなエピソードを盛り込み、どのようなメッセージを伝えるのか。世界中で話題となり、注目を集めてきたウクライナのゼレンスキー大統領によるオンライン演説が3月23日夜、日本の国会でも行われた。オンライン演説を行うことは、日本が支援していることを内外を問わず示す1つの方法でもあるのだろう。

 なぜ世界がウクライナの現状を気にかける必要があるのか、なぜ彼の話を聞くべきなのか、という問いがあるとすれば、ゼレンスキー氏はそれに対する答えを明確にしている。国会での演説でもその答えはあった。冒頭で「この戦争が終わらない限り、平和がない限り、安全だと感じる人はいないでしょう」と述べている。そして「ウクライナのため、世界のため、世界が将来、明日のために自信が持てるように。安定的で平和な明日がくると確信できるように」と述べた。

 人が注意を払うのは、基本的に自分や家族、友人知人に関係する時だ。見て終わり、聞いて終わりにならないよう、当事者意識を喚起すべくゼレンスキー氏は、「あなたたちの平和もこのままでは脅かされるかもしれない」と暗示し、自分がどうするべきか自問するよう促している。ウクライナの平和は世界の平和であり、あなたの行動が状況を変えられると思わせ、より良い方向に進もうと働きかけているのだ。

 多くのメディアがスピーチ戦術について分析しているが、ゼレンスキー氏の演説には、その国の歴史的背景や文化を踏まえ、国民に伝わりやすく共感を持ってもらえるような工夫がなされている。

 3月16日の米議会での演説では、1941年の真珠湾攻撃と2001年の9.11同時多発テロに言及。17日のドイツ議会では、欧州の現状をベルリンの壁に例え、20日のイスラエル国会でも、ナチスドイツによるホロコーストを引き合いに出しウクライナへの支援を求めた。

 ウクライナが置かれている状況を頭で理解させるだけでなく、心でも理解してもらうため、その国が経験してきた出来事を効果的に使って共通項を提示する。だが同時に、イスラエルには「ロシアに強力な制裁を科さないのか」と問い、ドイツには「経済関係を深め戦費を稼がせた」と批判した。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン