国際情報

ゼレンスキー氏の国会演説 日本の“察する文化”意識した巧みな手法

ウクライナのゼレンスキー大統領をサポートする人たちとは(Ukrinform/時事)

日本の国会で演説を行ったウクライナのゼレンスキー大統領(Ukrinform/時事)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、国会で行われたウクライナのゼレンスキー大統領の演説について。

 * * *
 どのような言葉で、どんなエピソードを盛り込み、どのようなメッセージを伝えるのか。世界中で話題となり、注目を集めてきたウクライナのゼレンスキー大統領によるオンライン演説が3月23日夜、日本の国会でも行われた。オンライン演説を行うことは、日本が支援していることを内外を問わず示す1つの方法でもあるのだろう。

 なぜ世界がウクライナの現状を気にかける必要があるのか、なぜ彼の話を聞くべきなのか、という問いがあるとすれば、ゼレンスキー氏はそれに対する答えを明確にしている。国会での演説でもその答えはあった。冒頭で「この戦争が終わらない限り、平和がない限り、安全だと感じる人はいないでしょう」と述べている。そして「ウクライナのため、世界のため、世界が将来、明日のために自信が持てるように。安定的で平和な明日がくると確信できるように」と述べた。

 人が注意を払うのは、基本的に自分や家族、友人知人に関係する時だ。見て終わり、聞いて終わりにならないよう、当事者意識を喚起すべくゼレンスキー氏は、「あなたたちの平和もこのままでは脅かされるかもしれない」と暗示し、自分がどうするべきか自問するよう促している。ウクライナの平和は世界の平和であり、あなたの行動が状況を変えられると思わせ、より良い方向に進もうと働きかけているのだ。

 多くのメディアがスピーチ戦術について分析しているが、ゼレンスキー氏の演説には、その国の歴史的背景や文化を踏まえ、国民に伝わりやすく共感を持ってもらえるような工夫がなされている。

 3月16日の米議会での演説では、1941年の真珠湾攻撃と2001年の9.11同時多発テロに言及。17日のドイツ議会では、欧州の現状をベルリンの壁に例え、20日のイスラエル国会でも、ナチスドイツによるホロコーストを引き合いに出しウクライナへの支援を求めた。

 ウクライナが置かれている状況を頭で理解させるだけでなく、心でも理解してもらうため、その国が経験してきた出来事を効果的に使って共通項を提示する。だが同時に、イスラエルには「ロシアに強力な制裁を科さないのか」と問い、ドイツには「経済関係を深め戦費を稼がせた」と批判した。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン