ライフ

長崎県の平和のシンボル「嘉代子桜」原爆被害者の母から全国へと広がる

桜

桧原桜公園では、現在も「さくら」をテーマに市民から短歌を募集している

 いよいよ春本番、桜が満開になる季節だ。全国各地で咲き誇る桜には、たくさんの人々の思いが詰まっている──。

 福岡県福岡市にある、とある桜の木に吊るされた一首の短歌。これが、町の人たちの心を動かした。

「あれは1984年3月のこと。樹齢50年のソメイヨシノ9本の並木道近くに住んでいた土居善胤さんは、毎春、ここで桜が咲くのを楽しみにしていたそうです」(福岡市南区役所企画振興課担当・以下同)

 しかしある日、そのうちの1本が伐採されていたことに気づいた。道路拡幅工事のためだ。

「土居さんは“残りもこのまま、切られてしまうのか”とショックを受け、何とかしたいと考え、残った桜の木に、市長宛てに短歌をつづった一枚の紙をくくりつけたんです」

《花あわれ せめてはあと二旬 ついの開花を ゆるし給え》

 つぼみをたくさんつけたまま、切られてしまってはかわいそう。せめてあと20日間(二旬)、最後の花を咲かせて散るまで待ってほしい。そんな願いを込めた短歌だ。

「その後、そこを通りかかった当時の九州電力社長の故・川合辰雄さんがこの短歌を目にし、広報担当者に相談。この短歌が、1984年3月23日発行の西日本新聞で記事になりました」

 それぞれの思いがバトンのようにつながり、新聞記事となり、広く知られることになったのだ。当時福岡市長だった故・進藤一馬さんもまたこの記事を読み、返歌をくくりつけた。

《桜花惜しむ 大和心のうるわしや とわに匂わん 花の心は 香瑞麻(かずま)》

 自分の独断で公共事業を止めるわけにはいかないが、桜を愛するあなたの大和魂は受け取った、という内容だ。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン