芸能

NHK「ポスト桑子真帆アナ」に名乗りを上げたTOEIC満点アナ

NHK内でも屈指の英語力を持つ川﨑理加アナ

NHK内でも屈指の英語力を持つ川﨑理加アナ

 ついに4月からNHKで春の番組改編が実施される。全174人のアナウンサーのうち101人の配置替えが行なわれる大規模なもので、“看板アナ”の人事にも異変があった。特に和久田麻由子アナ(33)が『ニュースウオッチ9』を降板して「レギュラーゼロ」になり、桑子真帆アナ(34)が『おはよう日本』から報道番組『クローズアップ現代』の単独キャスターへと転身した人事は、驚きをもって迎えられた。

 さらに看板アナだけでなく、将来のNHKを担うことが期待されるホープの「人事」も大幅に動いた。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が注目するのは、『おはよう日本』で土・日・祝日のキャスターを務めた川崎理加アナ(28)。4月からは『ニュース7』で土・日・祝日のMCに就くことになった川崎アナはどんな人物なのか。

「アメリカのミシシッピ州生まれの帰国子女で、真偽のほどは不明ですが本人いわく『その州で初めて生まれた日本人』だそうです(笑)。大学は上智大学の経済学部なのですが、変わっているのが同大のミスコン『ミスソフィア』で司会をしていたそうです。ご存じの通り、女子アナの世界はミスコン覇者だらけ。NHKでは杉浦友紀アナ(38)がミスソフィアグランプリとして知られていますが、ミスコンの“運営側”というのは女子アナ界では珍しい経歴ですね。その後、2016年にNHKに入局しています。

 彼女が注目されている理由はその英語力にあります。TOEICは満点(990点)で、その英語力を買われて世界で放送されている『NHK NEWSLINE』では英語でニュースを読むキャスターとして活躍中です。昨今、グローバル化が進んでいてドメスティックなテレビ業界も海外に目を向け始めています。さらに世界情勢が不安定ななか、ネイティブの英語を話すことができるというのはアナウンサーとして大きなアドバンテージになるでしょう」

“本部”と呼ばれるNHK放送センターに勤務するNHK関係者も、「将来は桑子アナのようなアナウンサーになるのではないか」と語る。

「川崎アナは入局後、高崎放送局から大阪放送局を経て東京アナウンス室に異動してきました。女子アナとしてはまずまずの出世コースを歩んできた印象ですね。性格も明るいし華があるタイプで、大阪時代は情報番組をメインでやりながら甲子園の中継や英語ニュースなど幅広くこなしてきた。オールラウンドにどんな番組でもこなせそうという意味で、桑子アナのような雰囲気を持っていますね」

 4月からは週末の“夜の顔”になる川崎アナ。期待の若手アナの今後に注目したい。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト