芸能

高田文夫、“ICUの後輩”松尾貴史は「何事にもきっちり計算済み」

緊急入院から復活した松尾貴史について

緊急入院から復活した松尾貴史について

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、緊急入院から復活した松尾貴史についてつづる。

 * * *
 松尾貴史。大阪芸術大学を出ているアートで器用で人をうならせる男。

 松尾が病気をして大変で、最近また仕事をしだしたと聞いたので顔も見たくなり、私のラジオ番組で声を掛けたらすぐに来てくれた。聞けば昨年暮れ、芝居をやっている最中に苦しくなり病院へ行くと「すぐ緊急入院です」と言われてびっくり。ICUに入りCTスキャンを受けたら「肺塞栓症」と診断されたそうな。お芝居『鴎外の怪談』も好評で全国をまわる予定も入っていた。辛い入院生活にもたえている時、一本の電話。なんと『鴎外の怪談』で、紀伊國屋演劇賞の個人賞に選ばれたとか。苦しい闘病中にこれはいいクスリになったろう。演劇人としては一番嬉しいはずだ。

 この賞以外にも私には嬉しいことが。いつも楽しみに見ていた「週刊朝日」の“山藤章二の似顔絵塾”。山藤画伯が“ブラック・アングル”と共に筆をおくと聞き、全国の似顔絵好きはずいぶんガッカリしたろうなと思っていたところへ「塾は続行します。二代目塾長に松尾貴史さんが決まりました」の吉報が届く。今はまたあの人気コーナーが続いている。ここから今まで一体何人のプロのイラストレーターが出ていったことか。

 私の周りではたけしの『新・情報7daysニュースキャスター』は終わるわ、志の輔の『ガッテン!』、古舘伊知郎の『にっぽん人のおなまえ』は終わるわ「似顔絵塾」も、と思っていたところこれはなによりいい知らせ。

「キッチュ」というのは芸名だと分かっていたが、「松尾貴史も芸名」だと言う。あるテレビ番組用に若き日キッチュとつけ、番組が終わったので他に何か名前を。色々きくと芸の世界では母音が「ア」(A)の人が成功すると。曰く「たけし」「タモリ」「さんま」「談志」「三枝」。足していいなら「タカダ」。芸能に関して縁起がいいんだとか。それで付いた「まつお たかし」なのだ。何ごとにもキッチリ計算済みの男。

 1980年代、私が作家をやりながら落語を本気でやっていた頃、山藤章二プロデュースで毎年紀伊國屋ホールで『立川藤志楼vs高田文夫 ひとり時間差落語会』を元祖チケットの取れない落語会としてやっていた。ゲストのキッチュが『朝まで生テレビ!』の全キャラクターを演じて大喝采。大島渚、野坂昭如、田原総一朗……これで一気に世に出た。30年つづいた山藤宗匠の句会「だくだく会」のメンバーで玉置宏やたい平らと一緒によく駄目な句も詠んだ間柄。元気になってよかった。ICUの先輩としてそう思う。

イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン