ライフ

73歳・鎌田實医師が目指す「90歳になっても現役」 野菜の食事と筋トレが重要

スキーの腕前は70歳を過ぎてもなお年々上がるばかり

スキーの腕前は70歳を過ぎてもなお年々上がるばかり

「ひらり」の瞬間まで人生を存分に楽しむ

 2021年10月まで続けた本誌『週刊ポスト』の連載コラム「ジタバタしない〈食う・見る・浸る─いのちの洗濯〉」で、僕は元気な老活スタイルを提案してきた。それらをまとめた新著のタイトルが『ピンピン、ひらり。』。死ぬ間際まで自分らしくピンピンと生きた上で、時期が来たら自分から“ひらり”とあの世へ。「もう満足だよ。グッバイ」と挨拶してみせる境地にありたい。

 じつは、「ピンピン」と「ひらり」の間には「老い」や「晩年」がある。これらの単語は人に嫌がられるけれど、晩年ほど自由な状態はない。子育てや家のローンが終わって、「待ってました、晩年!」という心意気で過ごそう。だって人生は楽しまなきゃ意味がない! となると、日帰り温泉に行けるとか、レストランで好きなものを注文できるとか、生きている限りはひとりでも楽しめる体力を保ちたい。僕の場合は、イラクの難民キャンプに行って医療活動を続けたいし、好きなジャズライブにはいつまでも足を運びたい。なお、今でも年間40回ほど通うスキーは、筋トレのおかげか10年前より今のほうが上達してる!

 人生は二毛作。「ひらり」の前に、あともうひとつ面白い人生を生きるためには、筋トレで勝負だ。

【プロフィール】
鎌田實(かまた・みのる)/1948年東京生まれ、医師、作家。1988年に諏訪中央病院院長就任、地域住民の健康意識を高める活動に尽力。1991年からは、チェルノブイリ原発事故の被曝患者治療に尽力するなど海外での治療や医薬品支援も推進。小学館新書『ピンピン、ひらり。鎌田式しなやか老活術』が3月31日に発売。

取材・文/山本真紀 撮影/太田真三

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト