ライフ

別府に移住した中島知子を魅了する鉄輪温泉 “かんなわブルー”の復活

アトピー性皮膚炎を湯治で治すために別府に移住したタレントの中島知子

アトピー性皮膚炎を湯治で治すために別府に移住したタレントの中島知子

 源泉数・湧出量ともに日本最大の温泉郷・別府。その源泉の大半は「鉄輪温泉」に集中している。なかでも旅館「山荘 神和苑」は温泉通の間では「青湯の宿」として知られている。都会でのストレスから再発したアトピー性皮膚炎を湯治で治すために別府に移住したタレントの中島知子は、「まさに理想の宿」と語る。

「門構えや苑内の石畳、玄関前にある能楽堂は優雅そのもので玄関に入っただけでテンションが高まります。高台のお部屋からは別府の街を見渡せる全室内風呂付きの最高級のお宿ですね」

 青く輝く幻想的な源泉はまさに“水モノ”だ。支配人の佐藤裕史氏が言う。

「源泉は生モノですから、“かんなわブルー”と評判だった青湯は以前のようなコバルト色からは減色しました。しかし、ここ数年は青湯も色が戻ってきていて、日によりますが青みがかった色の湯が出るようになりました。中島様をご案内する離れのお部屋『梅』は、本日の内風呂の中でも特に青みが出ていました」

 客室はどの部屋も2間以上と広々。室内にはオーナーのこだわりの台湾茶と茶器が用意され、ゆったりとした時間を過ごせる。夕食は能楽堂に臨むレストランで懐石料理か鉄板焼の選択制。中島は当地の食材をふんだんに使った懐石料理に舌鼓を打った。

「能楽堂を眺めながらの鯛のお刺身にメジナの若狭焼き、蛤飯蒸しのどれも絶品。大満足です! 一休みしたら蒸し湯に入ってカロリー消費しようかな(笑)」

 蒸し湯とは鉄輪温泉独自の入湯法で温泉の蒸気で体を温めるスチームサウナのようなもの。館内の蒸し湯コーナーは昨年リニューアルされ、今年は泥湯も新設した。中島を魅了した高級旅館は、おもてなしに磨きをかけていた。

●鉄輪温泉 山荘 神和苑
【住所】大分県別府市鉄輪345番地
【1泊2食】大人1名 2万4750円~(入湯税別)

【プロフィール】
中島知子(なかじま・ともこ)/1971年生まれ、京都府出身。1993年からタレント活動を開始し、MC・女優業など多岐にわたって活躍。2018年から拠点を大分に移し、湯治をしながらタレント活動中。 4月から新番組『中島知子のおんせんさんぽ』(テレビ大分)、『金曜ビックバン!』(RKB毎日放送)が放送開始。

取材・文/河合桃子 撮影/利根川幸秀

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン