ライフ

慢性腰痛に「PRP上清」注射 臨床試験で疼痛の緩和を確認

「PRP上清」注射の効果は?(イラスト/いかわ やすとし)

「PRP上清」注射の効果は?(イラスト/いかわ やすとし)

 椎間板変性が進行すると慢性疼痛に悩まされることがある。その椎間板性慢性疼痛は高齢者以外にアスリートや過重労働の若い世代にも多い。昨年、椎間板性慢性疼痛に対し、多血小板血漿(PRP)上清を椎間板に直接注射する臨床試験が行なわれ、有効性が確認された。PRPは組織修復能力に優れており、抗炎症作用で疼痛緩和に導いている。

 現在、医療分野ではPRPを利用した再生治療が行なわれている。

 PRPとは血液にある血漿の一部で、血小板の成長因子が高濃度に凝集され、組織修復能力に優れている。そこで日本人に多い慢性腰痛の中でも、特に椎間板性慢性疼痛の治療にPRPを利用した研究が進行中だ。なにせ椎間板が変性するとヘルニアになり、悪化すると、すべり症にもなる。多くの症例は痛みを伴い、日常生活に支障をきたす。

 椎間板性慢性疼痛は高齢者の疾患と思われがちだが、アスリートや過重労働の若い世代に多い。患者の約7割に遺伝的要因があり、そこにスポーツや過重労働の環境因子が加わることでも発症する。

 三重大学大学院運動器外科の明田浩司講師に聞く。

「椎間板性慢性疼痛は年齢を問わず、どの世代でも発症しますが、このPRP治療は自己血を使うので安全な治療といえます。PRPは血液を遠心分離して取り出しますが、私の場合はPRPを体外で活性化させ、さらに遠心分離した“PRP上清”を抽出して使用します」

 椎間板性慢性疼痛はMRIなどの画像で確認できるが、変性箇所(椎間板が狭くなっている箇所など)すべてで痛みが発生するわけではないので、まずは椎間板の変性箇所に局所麻酔と造影剤を注入して検査する。画像を確認しながら、変性箇所ひとつひとつに局所麻酔を打ち、痛みが消えたかどうか患者に確認。つまり、疼痛が消えた箇所が痛みの発生源と特定することができるため、その変性箇所に直接、PRP上清の注射を行なう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン