スポーツ

やっと連敗脱出 阪神・矢野燿大監督が自信喪失状態でも「やってはいけない打順変更」

阪神の新入団選手に囲まれる矢野監督(2021年12月)

2021年12月、阪神の新入団選手に囲まれる矢野監督(時事通信フォト)

 まだまだ光明の見えない阪神タイガース。4月5日には10試合目にしてようやく今季初勝利をあげたが、チームの課題は山積している。開幕7連敗以上の球団の最高順位は広島(1954年)とロッテ(2002年)の4位。阪神は早くも“V確率0%”どころか、“CS出場確率0%”の状態ということになる。阪神・矢野燿大監督の責任を問う声が聞こえてくる一方、一部の阪神OBからは「覚悟を決めて戦ってほしい」という叱咤激励の声も──。

 今季の阪神の課題は明白だ。ヤクルトとの開幕戦で5回まで8対1とリードしながら、6回、7回、8回と相手に得点を許したうえに、9回に3点を失って8対10と大逆転負けを喫したことが象徴的だが、昨季までの守護神・スアレスの穴が埋められていない。4月5日の初勝利も、先発・西勇輝が9回まで完封し、リリーフ陣の力を必要とすることはなかった。

 それだけに、まだまだファンの不安は拭えない状況は続くが、そうしたなかで矢野監督に奮起を促す声がある。1960年代の阪神で捕手として活躍し、大洋、阪神、横浜のコーチを歴任した“ダンプ”こと辻恭彦氏は自身の現役時代を振り返りながら、こう話した。

「ボクも1968年に藤本(定義)監督のもとで開幕5連敗の経験があります。ただ、あの時は村山(実)さん、バッキー、江夏(豊)が先発した試合を含めての5連敗で、そんな深刻にとらえてはいなかった。この投手陣ならいつか勝つだろうという気持ちでいたので、自然とチームは白星を重ねていった。後半は江夏が頑張って、終わってみれば2位でした。

 矢野監督もナインを信じていつも通りにやればいいと思いますよ。昔の阪神もよく負けていたが、力がなくて負けるというよりは、ゲームとして負けている感じでした。勝つ時はピッチャーがピシッと抑えて勝っていた。スアレスの穴は大きいが、昨年2位のチームだからね。自信をもってやることじゃないですか」

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト