芸能

高橋みなみ「見たことないほど凄いお辞儀」再び出始めた政界進出の可能性

出待ちのファンに対応する高橋みなみ

出待ちのファンに対応する高橋みなみ

 さすがに、これほどの90度直角のお辞儀は、滅多にお目にかかれない。3月のある深夜、都内でラジオ出演を終えたのは、4月8日に31才の誕生日を迎えた元AKB48の“たかみな”こと高橋みなみだ。

 かなり個性的なショッキングオレンジのロングスカートにトレーナー。高級菓子の紙袋を手に下げて、帰りの車に乗ろうとした瞬間、出待ちをしていたファンを見つけると、気さくに手を振り、最後には深々と頭を下げた。

 AKB48時代からの彼女を知る芸能関係者は「たしかに、ファンに対してもここまで丁寧な対応をする芸能人は、なかなかいません。ただ、数百人規模のグループの総監督を務めて“AKB48の良心”といわれた、たかみなさんは、アイドル時代からファンにもスタッフにもメディアにも、一貫してこんな姿勢でした」と振り返る。「ソロになって、結婚をしても謙虚な姿勢は全く変わっていない証拠ですね」と続けた。

 2005年のAKB48結成時から加入した初期メンバー。同期には、同い年でエースになった前田敦子(30才)や、ギャルのカリスマになった板野友美(30才)らがいて、数か月後輩の2期生には人気抜群の大島優子(33才)と個性的な仲間が大勢いた。「あえてストレートな言い方をすれば、たかみなさんは、一番人気でも無かったし、アイドルとして何かの強味を持つタイプではなかった」(前出・芸能関係者)

 ただ、誰よりもマジメだった。プロデューサー秋元康氏の訓示を一番前で熱心に聞き入り、レッスンや仕事では必ず1番早く現場入りし続けた。あるベテランアイドルライターは「そんな実直な性格を見初められて、多くの年上メンバーがいたにもかかわらず『総監督』に指名された。AKB48がブレークする少し前から、自然と周囲から頼られるリーダーになっていました」と振り返る。

 秋元氏は、一大ブームを巻き起こしたAKB48選抜総選挙の当初から「人柄や隠れた評価は、長い間見ていないと分からない。もしも、高橋の順位が低いようならばAKB48は終わる」と、絶大な信頼を寄せていた。

 2016年3月にグループを卒業。2019年5月1日の令和元年の初日に一般人男性と結婚した。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン