国内

参院自民「生活困窮の子育て世帯に10万円」提言 露骨な選挙対策に独身者が「またか…」

また選挙前に「10万円給付」案が浮上

また選挙前に「10万円給付」案が浮上

 今夏に参院選を控えるなか、自民党の世耕弘成・参院幹事長は4月8日の会見で、生活が苦しい子育て世帯に「10万円の現金給付」が必要だと訴えた。今夏に参院選を控えるなかで、「夏までの支給」を求めており、露骨な選挙対策だと批判があがるのは必至だろう。与党が岸田文雄・首相に進言した年金生活者への5000円支給が白紙撤回されたばかりだが、こちらの参院自民の提言も、大きな波紋を広げそうだ。

 世耕氏が座長を務める参院自民党の「不安に寄り添う政治のあり方勉強会」は4月6日付で、子育て世帯を含む困窮世帯への1人10万円の給付などを求める緊急提言をまとめた。新型コロナの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻を受けた物価の高騰などを受け、困窮する世帯への支援が必要だとする内容だ。

 昨年末にも18歳以下への10万円給付が実施されているが、子育て支援のNPOなどにヒアリングしたという世耕氏は会見で「(前回の給付の)効果が切れてきていて、夏までにもう一度、支給が必要だという痛切な声を聞いた」と強調した。ただ、わざわざ「夏まで」と言うところに、思惑が透けて見える。大手紙政治部記者が言う。

「夏までに支援が必要だと強調していることからも、7月に予定されている参院選で10万円給付を成果として掲げる狙いがあるのは確実でしょう。バラ撒き給付を繰り返し求めている連立相手である公明党の心証もよくなり、相互推薦を巡ってギクシャクした関係の修復のプラスにもなると考えられます。ただ、全国民一律ではない給付については国民の分断を招くという批判がこれまでも多方面から出ている。しかもタイミングとしては見え見えの選挙対策ですから、反発も大きそうです」

 都内在住の30代独身男性は、今回の一報を受け、「またか、という感じです……」とため息をつく。

「少子化が国としての大問題だというのもわかるし、子育てにはいろいろとお金がかかるのは赤ちゃんが生まれた同世代の友人の話を聞いてもわかります。ただ、独身者は各種控除もないし、健康保険料や年金保険料は扶養する家族がいてもいなくても負担は基本的に同じ。正直、納得できない気持ちがあります。この国は“家族がいること前提”の制度ばかりで、独身者のことはすべて後回しなんだなと感じてしまいます」

“分断”が起きかねないのは、子供がいるかいないかという線引きだけではないだろう。前回の18歳以下の給付では、対象が主たる生計者の年収960万円(扶養家族が配偶者と子供2人の場合)までなどと制限された。今回の対象範囲については参院自民の提言では明示されていないが、収入などで線引きがされるとなると、それも不安のタネとなる。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト