ライフ

江戸川橋から池袋へ「水窪川」を遡る暗渠で感じる江戸時代から戦後までの歴史

護国寺境内の石橋/境内にはかつて湧水池から水窪川に注ぐ支流が存在し、石橋が架かっていた。すでに池も支流もないが、現在、その石橋は境内にある富士塚「音羽富士」の前に保存されている。護国寺に水源の一つがあったのは興味深い

護国寺境内の石橋/境内にはかつて湧水池から水窪川に注ぐ支流が存在し、石橋が架かっていた。すでに池も支流もないが、現在、その石橋は境内にある富士塚「音羽富士」の前に保存されている。護国寺に水源の一つがあったのは興味深い

 道路などによって蓋をされてしまった河川や水路の痕跡を「暗渠」と呼ぶ。曲がりくねる路地をたどり、橋跡などのサインを探しながら、水のネットワークが広がっていたかつての東京に思いを馳せて歩いてみよう──。

 水窪川はJR池袋駅東側、繁華街を貫くサンシャイン60通りに近い「美久仁(みくに)小路」付近にあった湿地を源流とし、文京区の江戸川橋で神田川に合流する約3kmの川だった。

 暗渠化されたのは昭和8(1933)年頃。神田川に注ぐ合流口から源流まで水窪川の流路を遡るルートは、本田さんお薦めの暗渠さんぽコースだ。

「流路が路地で残る水窪川の暗渠には、江戸時代から戦後までの歴史が重層的に詰まっており、古い町の風情も色濃く残っています。天和元(1681)年に護国寺が創建された際、門前町を築くために東側の崖下に水窪川、西側の崖下に弦巻川を水路として整備し、両川の間に参道が造られたと言われています。参道が現在の音羽通り、水窪川暗渠はその東の路地です」

 合流口から遡上し、暗渠となった路地を北に進む途中には橋跡などが残り、崖の擁壁から湧水が流れ出る箇所もある。不忍通りに出たら護国寺に寄り道し、境内に残る古い石橋を見てから暗渠に戻ろう。密集した家々を縫うように曲がりくねった道を歩いて東池袋を目指す。都電荒川線を越えた上流部は巣鴨プリズン跡の公園、ビル、繁華街で川の気配は消え、源流付近に立つと、タイムトラベルをしてきたような不思議な感覚に包まれる。

【プロフィール】
本田創(ほんだ・そう)/1972年生まれ、東京都出身。小学生時代に祖父から古い東京区分地図をもらったのをきっかけに暗渠の探索に目覚め、「暗渠者」として活動を続ける。著書に『東京暗渠学』、編著に『東京「暗渠」散歩』など。

撮影/小倉雄一郎 取材・文/上田千春

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン