ライフ

4月12日はパンの日!小沢真珠らパン愛好家がセレクトする「パンのお供」

パン

パン好き専門家がおすすめの“パンのお供”を紹介

 いまや世界中で愛されているパン。その原形はいまから8000~6000年前の古代メソポタミアで生まれ、日本には戦国時代に鉄砲とともに伝えられたとされる。日本人が初めてパンを作ったのは、1840年に中国で起こったアヘン戦争がきっかけ。兵糧としてパンを作るよう幕府から命じられた江川太郎左衛門は、製パン技術を覚えた日本人を呼び寄せ、1842年4月12日に最初のパンを焼き上げた。この日を“日本のパン発祥の日”として、パン食普及協議会が記念日に制定。さらに毎月12日を「パンの日」とした。

「この日をきっかけに、新たなお気に入りのパンを発見してみませんか?」(パン食普及協議会・上田実男さん)。同協議会の公式サイトに公開されている、管理栄養士・井上佳子さんの「パンでクッキング」は要チェックだ。

●パン好きがセレクトする絶品「パンのお供」

 そのまま食べてもおいしいパンだが、ちょっとひと味加えたい! そんなときにおすすめしたい“パンのお供”17品を、パン好きの専門家に聞いた。

旅するパンマニア・片山智香子さんがセレクト!

片山

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア、片山智香子さん

【プロフィール】
旅するパンマニア・片山智香子さん/約5000軒を巡り、1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア。主な著書に『ボウルで3分こねるだけ! ラク!早!カンタン!おうちパン』(学研)など。YouTubeにて『片山智香子のパン旅ちゃんねる』も配信中。

「パンはもちろん、そのお供もいろいろと試してきましたが、左の3点は絶品。加えて、帝国ホテルの『ホテルピーナッツクリーム』(486円)もわが家の定番スプレッド。甘さ控えめで舌触りがなめらか! 冷蔵庫に常備しています」(片山さん・以下同)

・成城石井 リリコイバター(260g)755円/成城石井

パン

一口食べれば南国気分!

 成城石井オリジナルの中でも人気が高い、フルーツバターシリーズの1つで、「リリコイ」とはパッションフルーツのこと。「バターのコクは感じられるのに、まったくしつこくなく、パッションフルーツの酸味もまろやかです」。

・もへじ いぶりがっこのタルタルソース(160g)429円/カルディコーヒーファーム

パン

秋田名物、いぶりがっこ入りのタルタルソース

「タルタルソースが、いぶりがっこ独特のクセをおさえていて、パンとの相性は抜群。クセになる味わいです」

・蜂蜜カレー味噌(200g)1080円/ローズメイ

パン

レーズンパンとの相性抜群!

「初めて食べたときはあまりのおいしさにびっくり。ピリ辛のカレーにみそのコクと旨みが合わさり、普通のパンはもちろん、レーズンパンと合わせると甘みがいいアクセントとなって最高」

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン