ライフ

渋谷川と多くの支流があった「渋谷の暗渠」をさんぽ旅 街の発展をたどる

新宿御苑 下の池/渋谷川は昭和30年代に上流部が暗渠化された。新宿御苑などに水源を持ち、現在も御苑内の「下の池」付近で源流の一部が見られる(※開園状況は公式ホームページで要確認)

新宿御苑 下の池/渋谷川は昭和30年代に上流部が暗渠化された。新宿御苑などに水源を持ち、現在も御苑内の「下の池」付近で源流の一部が見られる(※開園状況は公式ホームページで要確認)

 道路などによって蓋をされてしまった河川や水路の痕跡を「暗渠」と呼ぶ。東京には、そんな暗渠が無数にある。暗渠研究の第一人者・本田創さんに、川の流れる町だった渋谷を案内してもらった。

「1本の暗渠化された川をたどると、東京の街の発展がわかることが面白いですね。東京の暗渠のシンボル的な存在が渋谷川です。裏原宿界隈のキャットストリートがかつては渋谷川だったことや、都心の新宿御苑や明治神宮に水源を持つことは意外と知られていません」(本田さん)

 渋谷川は新宿御苑内の源流から、いくつもの支流を集めて渋谷区、港区を流れ(港区内は古川と呼ぶ)、東京湾に注ぐ全長約11キロの川だ。暗渠になっているのはそのうち、JR渋谷駅以北の上流約4キロの区域。暗渠化前は、渋谷駅前付近に宮益水車があるなど流量豊富な川だったが、東京五輪前年の昭和38(1963)年に宮益橋付近から暗渠化されて下水道幹線になり、川の姿は消え、地上では開発、都市化が加速した。

 渋谷川最大の支流である宇田川は1960年代前半に全域が暗渠化された。宇田川に合流していた河骨川は唱歌『春の小川』のモデルにもなった川だが、1964年に暗渠化され、源流の一つだった山内侯爵邸の湧水池の跡付近には現在、マンションなど建物が密集している。

 いずれの暗渠にも川が流れていたことを示す痕跡や川筋の名残があり、それらを探しながら歩くのは探検のようで楽しい。

【プロフィール】
本田創(ほんだ・そう)/1972年生まれ、東京都出身。小学生時代に祖父から古い東京区分地図をもらったのをきっかけに暗渠の探索に目覚め、「暗渠者」として活動を続ける。著書に『東京暗渠学』、編著に『東京「暗渠」散歩』など。

撮影/小倉雄一郎 取材・文/上田千春

モノクロ写真/『渋谷の記憶 写真でみる今と昔』(渋谷区教育委員会)より

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト