ライフ

【痛風著名人座談会】グレート義太夫の「尿酸の結晶」に医者も驚き学会で発表

左から作家・黒川博行氏、お笑い芸人・グレート義太夫氏、ライター・大竹聡氏

左から黒川博行氏、グレート義太夫氏、大竹聡氏

「風が吹くだけで激痛が走る」ことからその名がついたとされる痛風。ある日突然足の指や足首などが腫れ、激痛に襲われる病気である。原因は血液中の尿酸値の上昇で、男女共に尿酸値が7.0mg/dlを超えると高尿酸血症と呼ばれている。

 当事者は至って真面目に痛みに向き合うのに、その姿はどこか愛おしい。まん延防止等重点措置が明けて深酒する機会も増えてきた昨今、痛風を患う黒川博行氏(作家・73)、グレート義太夫氏(お笑い芸人・63)、大竹聡氏(ライター・59)による、泣けて笑える座談会が開催された。【全4回の第1回】

 * * *
黒川:まずはビールで乾杯といきましょう。

大竹:そもそもビール飲みながら痛風座談会って……痛風患者がナメられてる証ですよ(笑)。

黒川:まあ、ビールにプリン体が多いというのは必ずしも正しくないし、痛風の人って、案外多いんですよね。聞けば、10人に1人が予備軍らしいですから。

〈痛風を引き起こす尿酸はプリン体が肝臓で分解・代謝される時に生み出される老廃物。プリン体はとくにレバーやエビなどの動物性食品やアルコール飲料などに多く、痛風は「ぜいたく病」などと揶揄されてきた。発症にはストレスや遺伝も関係するとされる〉

大竹:コロナ禍でさらに急激に増えたようですね。運動不足なうえに家で飲み過ぎちゃって。

義太夫:痛風って悩む人が多い割に、基本的にネタにされますよね。

大竹:痛風は本当に痛い。「あっ、来た」と思ったら後の祭りで、足首に激痛が走って足を床につけることもできなくなる。トイレに這って向かうんですよ。整形外科に行こうにも、サンダルをつっかけて杖をつきながら、普段なら5分で行ける道に25分もかかる。

黒川:僕も足首ですが、実はあんまり痛くないんです。もちろん動いたら痛いし、歩くこともできません。でも部屋で座って仕事をする分には支障がないから「1週間我慢すれば勝手に治る」と思ってやり過ごす。鎮痛剤も飲みませんね。

大竹:たしかに、痛みにもだんだん慣れますからね。義太夫さんは?

義太夫:親指から足首、膝、腰、腕の関節まで痛みが出ます。下から上がってくるとは聞いたけど、「こんなところにも出るのか!」と驚きました。

黒川:体温が低いところに出る。耳に出て真っ赤に腫れるとも聞きました。

義太夫:僕、病院でレントゲンを撮ったら、尿酸の結晶が写ったことがあるんですよ。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト