スポーツ

巨人V9の陰にチーム内の熾烈なライバル関係 補強を続けて競争を促した

球史に残る名コンビが主軸を張った(写真/共同通信社)

球史に残る名コンビが主軸を張った(写真/共同通信社)

 2022年のプロ野球は、“BIGBOSS”こと日本ハム・新庄剛志監督の一挙手一投足に話題が集まっているが、開幕ダッシュには失敗。話題性も重要だが、やはりプロ野球は結果が第一だ。その点において傑出した成績を残したのがV9巨人の川上哲治監督だが、彼はどんな方法で9連覇という偉業をなし得たのか。(文中敬称略)【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
 チーム内の競争は熾烈だった。川上があえていくつもの“ライバル関係”をつくってチームを活性化したと証言するのは、遊撃手のレギュラーを務めた黒江透修である。

「ONがいちばん分かりやすいですが、巨人の選手はライバルが他球団よりもチーム内にいた。森(祇晶)さんもキャッチャーに大橋(勲)や吉田(孝司)、槌田(誠)といったアマの大物が入ってきて、蹴落とすために頑張った。ボクも近鉄でショートのレギュラーだった矢ノ浦(国満)が加入して競わされた。川上さんは、選手にあぐらをかかせないために、どんどん補強したのです」

 1965年に20勝4敗の成績を挙げた中村稔は昨年、鬼籍に入ったが、生前の取材でやはりチーム内の競争に言及していた。

「キャッチャーの森が打球を当てて足を引きずりながら帰ってくると、川上さんが“森、もういいぞ。おい、吉田~”と言う。すると森は“大丈夫です”としっかりとした足取りになる。競争社会ですからね」

 国鉄の大エース・金田正一の補強も同様の効果を生んだ。川上・巨人の2年目からチームを支えた“エースのジョー”こと城之内邦雄が言う。

「カネさんに負けたくないということで、カネさんの入団1年目に私が21勝、中村さんが20勝、宮田(征典)さんも20勝と、20勝ピッチャーが3人も出た。プロ野球始まって以来のことでした」

 選手たちを競争させ、育てるコーチ陣では、打撃コーチ・荒川博の“荒川道場”がよく知られている。一本足打法を完成させて“世界の王”“を育てあげた。黒江も門下生のひとりだ。

「(大毎の)榎本喜八さんが荒川さんの一番弟子で、二番弟子がワンちゃん。荒川道場で練習をしていると、途中で榎本さんがやってきてバットを振るが、これがとてつもなく速かった。見るだけでも勉強になりましたよ。

 ふすまを外して水平にして持ち上げ、その上を通るようにレベルスイングをする。バットが下から入ったりすると、バットが当たってしまう。上から叩く意識でないとできない素振りでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン