国内

小室圭さん、あと5点で不合格 NY州司法試験結果は「400点満点中261点」か

18歳当時の小室圭氏(写真=小室圭氏提供/時事)

18歳当時の小室圭さん(写真=小室圭さん提供/時事通信フォト)

 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の夫・小室圭さん(30)がチャレンジしていた2度目のニューヨーク州司法試験も不合格だったことがわかった。小室さんは昨年7月に同試験を初めて受験したが、残念ながら不合格。今年2月22日~23日、同試験に再挑戦していた。

 4月14日深夜(日本時間)に発表されたューヨーク州司法試験の合格者リストに「Kei Komuro」の名前は見当たらず、「今回も不合格か」と話題になっていた。そんな中、NHKが、小室さんの米国留学などを支援してきた奥野善彦弁護士に本人から不合格の連絡があったことを報じた。報道によると、小室さんは「合格点に5点足りずとても無念です。次は7月に挑戦します」と再々挑戦の意向を示したという。

 試験を主催する「The New York State Board of Law Examiners」(ニューヨーク州司法試験委員会)は、今回の受験者は3068名で、そのうち1378名が合格したことを発表した。全体の合格率は45%。2回目以降のチャレンジとなる受験者は1610人で、その合格率は30%だったという。

 小室さんは「合格点に5点足りなかった」という結果をどのように知ったのだろうか? 昨年7月の試験を受験し見事合格した村尾卓哉弁護士が解説する。

「問題文を持ち帰ることはできず、記述式の問題も多いので、自己採点は不可能です。ただし、合格者も不合格者も点数が通知されるので、『合格点まで5点足りなかった』ということがわかったのでしょう。400点満点中266点とれば合格なので、惜しい結果だったと言えるんじゃないでしょうか」

 とすれば、小室さんは今回400点満点中261点だったことになる。1日目の論文形式で200点、2日目の200問の択一問題で200点の配点となっているから、択一問題であと5問──という結果だった。

 7月の試験に再挑戦する予定の小室さん。一般的に、モチベーション維持などの理由により2回目以降の再挑戦は厳しい道だと言われており、前出の「The New York State Board of Law Examiners」のデータでも複数回受験者の合格率は30%と低い。それでも、たった5点の不足であれば、“3度目の正直”は射程範囲内と言えるのかもしれない。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン