芸能

伊藤沙莉 熱愛の脚本家・蓬莱竜太氏が手掛けた作品で見せた「新境地開拓」

熱愛が話題となった女優・伊藤沙莉(写真/AFP=時事)

熱愛が話題となった女優・伊藤沙莉(写真/AFP=時事)

 名脇役からヒロインに登り詰め、ワイドショーでも主役に躍り出た。4月11日、『FRIDAYデジタル』で女優・伊藤沙莉(27)の熱愛が報じられた。

 伊藤といえば、オリコン「2021年 ブレイク女優ランキング」では1位に選出され、2022年に入ってからもドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)ではヒロインに抜擢されるなど、近年最も注目を集めるバイプレーヤーの一人だ。

 今をときめく女優のハートを射止めたのは、脚本家の蓬莱竜太氏(46)。映画『ピンクとグレー』やドラマ『平成細雪』(NHKBS)の脚本を手がけるなど、「多様なジャンルの作品の脚本・演出を手掛けてきた実力派」(スポーツ紙記者)として、業界内では知られているという。

 熱愛を報じた『FRIDAYデジタル』によれば、2021年6月に蓬莱氏が原作と演出を手掛けた舞台『首切り王子と愚かな女』に伊藤が出演したことで急接近したとのこと。だが、彼女が名バイプレーヤーとしての新境地を開いたきっかけも蓬莱氏が脚本を担当した作品だったという。芸能評論家の三杉武氏が語る。

「伊藤は2020年に映画『劇場』に元劇団員役として出演し、その作品でブルーリボン賞(助演女優賞)を受賞しました。それまでの作品とは一転、初めて大人の女性の色気が溢れる役を演じ切ったことで、幅広い役どころができると評価された。独特の世界観溢れる蓬莱氏の脚本が、彼女の新たな一面を引き出しました」

 今回の熱愛発覚も彼女にとってさらにプラスに働く可能性が高いという。

「交際について記者に直撃された際には大笑いするなど、取材に対してもさすがの対応だった。裏表のない彼女の姿を見てネットでは『さらに好きになった』と好印象に受け取っている声が多く見られた。演技力と視聴者受けの“二刀流”で、今後もますますオファーが殺到するでしょう」(同前)

 蓬莱氏とのタッグで、公私ともに飛躍の年となるか。

※週刊ポスト2022年4月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン