国際情報

上海感染爆発 終わりが見えない過酷ロックダウン生活「監視され、薬も食料もない」

ロックダウン中の中国・上海で、新型コロナウイルスの検査を受けるため列をつくる住民(時事通信フォト)

ロックダウン中の中国・上海で、新型コロナウイルスの検査を受けるため列をつくる住民(時事通信フォト)

 当初、東部は4月1日、西部は4月5日を持ってロックダウンは解除される予定であったが、約2週間以上たった現在でも大半の地域はロックダウンされ続けており、住民たちは物心両面で苦労を強いられている。上海・西浦地区に住む男性駐在員A氏が語る。

「ロックダウンが始まって以降、連日続くPCR検査にほとほと疲れています。時には前日の夜12時ごろに検査の通知があって翌朝6時半に検査させられることもあります。そうした徹底的な検査を行なっても、暮らしている居住区の中で一人でも陽性者が出るとまた7日間は部屋のドアから一歩も外に出られない状態が続くので終わりが見えません。

 感染拡大以前から上海は厳戒態勢で、ショッピングモールなどに入場する際には入り口で、感染発生地域に居住していないことを証明する『健康コード』と呼ばれる電子マネー決済アプリと連動した安全担保証を提示させられることがありました。ですが、感染が増加し始めた3月中旬以降からは健康コードに併せ、過去2週間の行動履歴が追跡できる行動証明証、さらには48時間以内の陰性証明証の提示を求められるようになりました」

 ロックダウン前夜への不穏な空気を感じ取ったA氏が外資系スーパーでブロック肉や野菜、飲料水などを徐々に買い込むようになった時期と前後して、上海では感染爆発の“火種”とも言えるある事件が起きたという。現地記者が解説する。

「上海では旧正月と前後して、先に感染が拡大していた香港からの旅客数が増加。そうした旅客者らは到着後のPCR検査後、原則3週間は市が指定する施設での隔離が求められていますが、旅客数が増えるにつれ隔離施設数も限界となり、5つ星クラスのホテルまでも隔離施設として使用されることになった。そうした隔離施設の一つとなった市西部にあるホテル『華亭賓館』でクラスターが起きてしまったんです」

 1986年に建設された華亭賓館はブランド店が立ち並ぶ高級エリアに位置し、近辺には日本のアイドルグループ『嵐』や『X JAPAN』がコンサートを行なった上海体育館が隣接している。通常なら隔離施設に使用されるようなホテルではないが、隔離者の増加と改装工事のために同ホテルが一時休業していたため、急遽、隔離施設として使用されることになった。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン