国内

参院選出馬のものまね芸人 地元アナと不倫疑惑も自民県連はGOサイン

元吉本興業のものまね芸人でラジオパーソナリティの松山三四六氏(公式HPより)

元吉本興業のものまね芸人でラジオパーソナリティの松山三四六氏(公式HPより)

 補選を含めて過去3回の参院選で野党が勝利している長野選挙区。議席奪取をめざす自民党が擁立するのが元吉本興業のものまね芸人でラジオパーソナリティの松山三四六氏(51)だ。

 長野の人気ローカルタレントとして地元では抜群の知名度を誇る自民党の“切り札”候補だが、地元放送局の女子アナとの不倫疑惑をきっかけに松山氏の有力支援者が番組スポンサーを降板していたことが報じられた。

 長野市の自民党員は渋い顔だ。

「もともと地元の自民党は松山氏擁立賛成派と慎重派に割れていた。それというのも、長野市内の経済界が、タレント候補と女性問題にはとても敏感なんです。田中康夫・元知事に県政を振り回された経験がありますから。番組スポンサーを降りた後援者は長野市内の他の企業にも影響力が強いし、女性問題には公明党もいい顔をしていません」

 一方、自民党長野県連は、“支障なし”とGOサインだ。

「候補者公募の書類審査と面接で松山さんが選ばれた。経済界から女性問題の噂は流れていたから、面接の時に本人に確認したが、『食事に行っただけ』という説明があった。報道も説明の範囲内だったから、その後はこちらからとくに説明を求めていない」(事務局長)

 松山氏は不倫疑惑については「すでに否定しておりコメントしない」とした上で決意表明を述べた。

「信州は東京生まれ東京育ちの私にふるさとを作ってくれました。必ず恩返しを致します」

 党内一致できるかが鍵を握りそうだ。

※週刊ポスト2022年4月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン