国内

在日ロシア人が苦しむ、本国の家族との断絶「次男はプーチンの考えに染まった」

30年前に日本に移住した50代男性・ドミトリーさん(仮名)

30年前に日本に移住した50代男性・ドミトリーさん(仮名)

 停戦の糸口が一向に見えてこないロシアのウクライナ侵攻。在日ロシア人は、国に残った家族との断絶に苦しんでいるという。日露間の貿易業のために30年前に日本に移住した50代男性・ドミトリーさん(仮名)には、3人の子供がいる。

「3人とも大学卒業と同時にロシアに帰国し、現在は長男と長女は他の国で暮らし、次男だけがロシアに住んでいます。次男は子供たちのなかでも最も私と気が合って、国際政治の議論をするなど電話で頻繁に連絡を取り合う仲でしたが、戦争が始まってから関係が一気に険悪になってしまった。

 私は戦争には断固反対で、いかなる状況下にあってもこの意思に変わりはありません。しかし次男はロシア国内での報道を連日見聞きしているうちに、完全にプーチンの考えに染まってしまった」(ドミトリーさん)

 ロシアの国営テレビでは、今回のウクライナ侵攻について「戦争」や「侵略」という言葉を使わず「特殊軍事作戦」という言葉を使用するなど、国内の情報統制は強まるばかり。ドミトリーさんの次男はその報を信じ切り、ほとんど洗脳状態にあるという。

「次男は日本語のほか英語、ドイツ語、中国語などの知識もあり、情報リテラシーのある人間だった。なのに電話で話を始めると、1分も待たずに口論になってしまう。戦争とは違う話をしていても、次男はすぐに政治や戦争の話に結びつけて、『ロシアは正しいんだ』と主張する。

 責任を持って育ててきた我が子が、いとも簡単に戦争に賛成してしまうような大人になってしまった。親として一生の不覚であり、悔やんでも悔やみきれません。あなたにこの悲しみがわかりますか?」(同前)

 ドミトリーさんはいま、ビジネスでも窮地に追い込まれている。

「日本からロシアに向けてさまざまな商品を送っていましたが、戦争のせいでルートが絶たれてしまい、送金も不可能になった。収入は激減どころか、ゼロです。他の市場の見込みは立っておらず、この状態がこの先3か月以上も続いたら、会社を潰さざるをえないし、数十人の社員を路頭に迷わせてしまうことになる。私はこの戦争に何もかも奪われそうになっている」(同前)

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン