スポーツ

阪神・矢野監督「2番・佐藤輝」への違和感 ラミレス監督の「2番・筒香」との違い

佐藤輝明の2番起用にどのような根拠があったのか(時事通信フォト)

佐藤輝明の2番起用にどのような根拠があったのか(時事通信フォト)

 歴史的な負けっぷりとなっている。4月21日、阪神はDeNAに5対7で逆転負けを許し、横浜スタジアムで3連敗。開幕から1か月も経たないうちに、他の5球団全てに同一カード3連敗を喫し、セ・リーグの借金16を全て背負う非常事態となった。この日、矢野燿大監督は5年目の熊谷敬宥を2番で今季初スタメン、前日まで2番を打っていた佐藤輝明をプロ初の3番で起用するなど打順を動かした。4回には3年目の小野寺暖が代打逆転満塁を放つなど作戦が的中して5点を奪ったが、勝利の女神は微笑まなかった。プロ野球担当記者が話す。

「開幕戦で8点取りながら負けたように、今の阪神は打線が頑張ればピッチャーが打たれ、ピッチャーが抑えれば打線が沈黙する。そのテコ入れとして首脳陣が動きましたが、何かしらの根拠を持って打線を組んでいるのか疑問があります」(以下同)

 矢野監督は昨年ルーキーで24本塁打を放った佐藤輝を開幕から4番に据えていたが、4月14日の中日戦から突然2番で起用した。その試合後、井上一樹ヘッドコーチは佐藤輝の2番起用を「今、2番に一発のあるバッターを置くのは全然ありなわけで。気分転換というか、ちょっと兆しを見せてくれないかなという意味合いで2番にした」などと説明した。

「井上ヘッドのコメントを聞く限り、『他球団も長打のある打者を2番に置いているから問題ない』という思いつきと捉えられても仕方ないでしょう。特に根拠があるとは感じられない。たしかに佐藤輝は4番よりも2番になってから打ちましたが、本人のバイオリズムもあるし、2番という打順が本当に関係しているかはわからない。問題は大した理由もなく、“今、2番に一発のあるバッターを置くのは全然あり”という他球団の作戦に後乗りした首脳陣の考え方です」

 日本では、長らく2番は小技のできる打者が置かれる傾向があった。V9時代の巨人では土井正三や高田繁、1980年代から1990年代にかけて黄金時代を築いた西武では平野謙が送りバントや右打ちでランナーを進めてきた。

「1950年代に西鉄の三原脩監督が豊田泰光、1999年からは日本ハムの上田利治監督が3年目の小笠原道大を2番に起用してブレイクさせた。このように、古くから『2番に長打のある打者を置く』という作戦はありました。その考え方が近年になって、定着しつつある。

 2017年に楽天の梨田昌孝監督が2番にペゲーロを持ってくる攻撃的なオーダーを組み、前半戦を首位で折り返す躍進を見せた。これが1つのターニングポイントでした。この年は巨人の高橋由伸監督も7月からマギーに2番を打たせていました。最近では巨人の坂本勇人が2番を務めているように、長打もあってバントのしない2番も主流になりつつあります」

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト