芸能

佐藤義朗アナ退社報道で日テレが見せた「石川みなみアナ防衛体制」

石川みなみアナ(日本テレビ公式サイトより)

石川みなみアナ(日本テレビ公式サイトより)

 日本テレビの佐藤義朗アナウンサー(36)が、5月末で退社することが報じられた。日テレは各紙の取材に対し、退社理由は「家業を継ぐため」だとコメント。これについて、違和感を拭えなかったと話すのは、アナウンサーに詳しい芸能ジャーナリストの島本拓氏だ。

「アナウンサーとはいえ一局員の退社について、局側がそれを認めた上で、具体的な理由まで発表するのは極めて珍しい。『家業を継ぐ』とあえて明かすことで、“あの一件”が理由ではないことを示したかったのではないか」(島本氏)

 佐藤アナといえば、『週刊ポスト』2021年12月17日号で、『ZIP!』で共演していた石川みなみアナ(25)との番組内恋愛が報じられた。その後、3月末で佐藤アナは『ZIP!』を降板し、露出は激減。一部報道では、番組降板は石川アナとの熱愛が原因とされた。一方の石川アナは変わらず『ZIP!』のキャスターを務め、3月には日テレアナを代表して東京マラソンにも出場した。

「土曜日は『ゼロイチ』の進行役も務めており、月刊誌『ランナーズ』(3月号)の表紙を飾るなど、3年目のアナの露出としては非常に多い。『ZIP!』MCの水卜麻美アナ(35)に継ぐ次期エースの呼び声も高いです」(同前)

 躍進する石川アナだが、局側にとって唯一の不安要素が、佐藤アナとの交際報道だったという。日テレ関係者が語る。

「番組内恋愛というのもそうですが、相手が佐藤アナというのがネックだった。過去には郡司恭子アナ(31)の交際が報じられて、他にも噂になった女子アナがいました。石川アナとの交際報道が出た時も、“石川、そこ行ったんだ”と苦笑する声が多かった。上層部としては、これから局の顔になりうる石川アナにはスキャンダルなく育ってほしいという願いは強いはずで、だからこそ佐藤アナとの一件は早く風化させたかったのでしょう。

 今回、佐藤アナの退社報道に局側がノーコメントを貫いたら、必ず石川アナとの一件を勘ぐる声が上がったはずです。そこをあえて、『家業を継ぐため』と発表したことで、石川アナに火の粉が飛ぶのを防いだ。局を挙げて石川アナを守ったな、と感じました」

 一部報道では2人はすでに破局したとも伝えられた。日テレとしては、悪い虫が付かないことを祈っていることだろう。

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト