国内

戦争に乗じた「ウクライナ応援グッズ」 暴力団組織が新たなシノギに

ウクライナの首都キーウ近郊の損壊した建物(共同通信社)

ウクライナの首都キーウ近郊の損壊した建物(共同通信社)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、コロナ禍で収入源が激減したヤクザが目を付けた新たな“シノギ”について、暴力団組織幹部のA氏に話を聞いた。

 * * *
「目ざといやつらは、ウクライナで儲けている」

 ある暴力団組織の幹部・A氏はそう語り、ネットで販売されていた商品の1つをスマホで見せてくれた。

「コロナ渦にウクライナの戦争が重なり、ヤクザらしい仕事は何一つない。定期的にあった組や仲間からの電話連絡もほとんどなくなった。たまに電話があってもお互いに挨拶で終わり。ヤクザは今、本当に暇だ。神戸山口組も静かになってしまって、めぼしい情報もほとんどない。抗争があって、注目されてこそヤクザなんだが、最近は週刊誌の話題にもならない」と彼は嘆く。

 4月上旬、麻薬の密輸や地対空ミサイルを不法に売買しようとした疑いで、米司法当局が日本の「ヤクザ」幹部らを逮捕したと報じられた。だが、「一瞬周囲はざわついたが、誰もあんなやつは知らない」という。

「麻薬も武器も、東南アジアでなんとでもなる。本当のヤクザなら、わざわざ米国になんていかない。俺のような本物のヤクザなら、そもそも米国には入国できない」(A氏・以下同)

 この数か月、どこぞの組から破門状や絶縁状が出たという話は聞くが、暴力団が絡んだ大きな事件は耳にしない。六代目山口組と神戸山口組の抗争も、一時は銃撃事件が各地で起こり警戒されたが、今は影を潜めている。

 コロナ過で飲食店などが休業や閉店を余儀なくされ、極道界ではみかじめ料に代表されるシノギと呼ばれる収入元が激減したと言われる。そこで彼らヤクザはあちこちにアンテナを張り巡らし、儲かりそうなネタを探し回る。タピオカが流行ればタピオカ店を出し、マスクが必要になればマスクを販売するが、ブームが終わればさっさと引き払い、別の儲かりそうなビジネスを探し出す。そしてA氏が目を付けたのが、ウクライナ応援グッズだ。

「みんな色々考えていて、目ざといやつは動きも早い。俺も若いのに『ウクライナ関連のTシャツでも仕入れて売れよ、儲かるぞ』と言ったが『本当に売れるんですかぁ?』と話半分ですぐに動かなかった。さっさとやったやつはネット販売でひと儲けしている」

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト