国内

戦争に乗じた「ウクライナ応援グッズ」 暴力団組織が新たなシノギに

(時事通信フォト)

戦争はどう終結するのか(時事通信フォト)

作りが悪くても儲かる

 ウクライナ応援・支援と銘打ったグッズはいくらでもあるという。

「多いのは国旗だ。手旗ぐらいのサイズの物からワッペンやバッジまで、大きさも値段もさまざま。売りやすいのはTシャツやトレーナーだろう。ロシアのウクライナ侵攻後、すぐにネット販売されていたTシャツは、200~300枚があっという間に完売していた。あれは儲かっただろう」

 白いプレーンな形に黄色と青のウクライナ国旗が胸の部分にプリントされたTシャツが、3000円ほどで売られていたらしい。

 ネットで売られているグッズは、暴力団と関係がないものがほとんどだ。実際に販売価格のいくらかを、ウクライナ大使館などに寄付している業者もある。だが中には、これを儲けの機会と捉え、グッズ販売に乗り出す輩や暴力団関係者もいるという。A氏が説明する。

「例えばTシャツの場合、韓国や中国から白のシンプルなものを原価数百円で仕入れる。どこで作られていても構わない。要は安く仕入れることが肝心。そのTシャツに簡単にデザインしたウクライナの国旗をプリントして売るだけ。Tシャツなら送料も安いしね」

 品質やデザインにこだわる必要はない。あくまでウクライナを応援するという目的のグッズのため、縫製が多少悪かったとしても、わざわざクレームを言ってくるような客はいないという。販売価格は原価の数倍だろう。儲かるのは当然だ。

 応援グッズをネットで探すと、タオルや帽子、バッジにマスク、コップに箸まで販売され、値段も数百円から数千円までまちまちだ。どの商品にも、応援、支援、サポート、寄付、義援金にチャリティと、ウクライナ関連をアピールする大きな文字が記されている。

「店側にその気がなくても、商品や販売ページに『ウクライナ応援』と書けば商品が売れる。買った客は自分がサポートした気になり、商品を身に付けていれば応援しているというメッセージにもなる。実際は、寄付すると書いてあっても、本当に寄付するかどうかは店次第で、買った客は確認のしようがない」

 商品によっては「ウクライナ応援」とだけ書かれ、それ以外は何の説明もないものも多い。中には、“支援するために祈る”と説明されている商品や、“ウクライナ応援キャンペーン”と銘打って値引きをアピールしながら、その値引き分は購入者が自分でウクライナ支援に使うよう記したものもあり、「これは在庫一掃のための便乗商法では?」と思うような業者もある。

 A氏がグッズを販売するとしたら、商品ページにはどう書くのか聞いてみると、彼は真面目な顔でこう言った。

「もちろん『ウクライナ応援』としっかりアピールするよ。ただ、『応援』とは書くが『支援』とは書かない。支援と書くと実際に何かしないといけなくなるからね。『寄付』も面倒だからダメ。寄付と書くと、寄付しなければ客を騙したことになるし、『どこに、いつまでに』と書かなければ問題になる可能性もある。ヤクザは警察から何をケチつけられるか分からない。ただ、俺は心からウクライナを応援しているよ、応援は心だから」

 最後にA氏は、「人も俺も応援、支援という言葉に弱いんでね」と笑った。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン