国内

小室圭さんに帰国を勧める声 日本なら仕事面でも引く手数多でメリット大か

周囲からは夫婦の帰国を勧める声も(時事通信フォト)

周囲からは夫婦の帰国を勧める声も(時事通信フォト)

 またもサクラは咲かなかった。4月15日、小室圭さんがアメリカ・ニューヨーク州で挑んだ二度目の司法試験に不合格だったと報じられた。次の試験は7月。「三度目の正直」を目指す小室さんだが、周囲からは夫婦の帰国を勧める声が上がり始めた。

 小室さんの不合格で、夫婦の「生活の安定」は遠のいた。現在、小室さんは学生ビザの延長であるOPTプログラム(留学生が専攻分野と関連のある職種で最長12か月間働くことができる制度)を利用してアメリカに滞在中だと報じられている。

 今後は就労ビザを取得すると見られているが、今回の不合格で小室さんの就職事情に暗雲が立ちこめているという。国際弁護士でNY州弁護士資格を持つ清原博氏が語る。

「二度不合格だったことで、現在法務助手として勤める法律事務所から解雇される可能性は否定できません。

 定職がなければ、仮に就労ビザを取得していても、そのビザは失効する。アメリカの就労ビザは再取得希望者が非常に多く、高い倍率の抽選を勝ち抜く必要がある」

 英紙『デイリー・メール』は4月12日、眞子さんがNYのメトロポリタン美術館で無給ボランティアとして勤務していると報じた。小室さんが配偶者ビザを取得してアメリカに滞在することは可能だが、配偶者ビザでは就労ができない。

 2人の住まいはマンハッタン中心部から西のエリアで、家賃は月50万円前後と報じられており、眞子さんが就労ビザを得た上で正規職員として美術館に就職しても、妻一人の稼ぎで物価の高いNYで生活するのは心許ない。小室さんは7月に司法試験を再受験する意向だというが、再受験者の合格率は30%前後というのが現実だ。

 そんな苦境の夫婦に対し、「日本帰国」を望む声が日増しに高まっているという。宮内庁担当記者が言う。

「無理してアメリカでの生活にこだわる必要はないのではないか。そんな声が宮内庁から出ているのです。渡米してすぐに海外メディアに自宅を突き止められ、夫婦のマンションは今や観光地化しています。

 当初、渡米にはマスコミの目から逃れるという目的もあったのでしょうが、『デイリー・メール』をはじめ、日本のメディア以上に執拗な海外パパラッチに日々追いかけられている。また、アジア系の住人に対するヘイトクライムも増えており、2月10日には夫婦の自宅のすぐ近くで銃撃事件も発生しました。日本で暮らすほうが安全だという点は否めません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン