国内

小室圭さんに帰国を勧める声 日本なら仕事面でも引く手数多でメリット大か

周囲からは夫婦の帰国を勧める声も(時事通信フォト)

周囲からは夫婦の帰国を勧める声も(時事通信フォト)

 またもサクラは咲かなかった。4月15日、小室圭さんがアメリカ・ニューヨーク州で挑んだ二度目の司法試験に不合格だったと報じられた。次の試験は7月。「三度目の正直」を目指す小室さんだが、周囲からは夫婦の帰国を勧める声が上がり始めた。

 小室さんの不合格で、夫婦の「生活の安定」は遠のいた。現在、小室さんは学生ビザの延長であるOPTプログラム(留学生が専攻分野と関連のある職種で最長12か月間働くことができる制度)を利用してアメリカに滞在中だと報じられている。

 今後は就労ビザを取得すると見られているが、今回の不合格で小室さんの就職事情に暗雲が立ちこめているという。国際弁護士でNY州弁護士資格を持つ清原博氏が語る。

「二度不合格だったことで、現在法務助手として勤める法律事務所から解雇される可能性は否定できません。

 定職がなければ、仮に就労ビザを取得していても、そのビザは失効する。アメリカの就労ビザは再取得希望者が非常に多く、高い倍率の抽選を勝ち抜く必要がある」

 英紙『デイリー・メール』は4月12日、眞子さんがNYのメトロポリタン美術館で無給ボランティアとして勤務していると報じた。小室さんが配偶者ビザを取得してアメリカに滞在することは可能だが、配偶者ビザでは就労ができない。

 2人の住まいはマンハッタン中心部から西のエリアで、家賃は月50万円前後と報じられており、眞子さんが就労ビザを得た上で正規職員として美術館に就職しても、妻一人の稼ぎで物価の高いNYで生活するのは心許ない。小室さんは7月に司法試験を再受験する意向だというが、再受験者の合格率は30%前後というのが現実だ。

 そんな苦境の夫婦に対し、「日本帰国」を望む声が日増しに高まっているという。宮内庁担当記者が言う。

「無理してアメリカでの生活にこだわる必要はないのではないか。そんな声が宮内庁から出ているのです。渡米してすぐに海外メディアに自宅を突き止められ、夫婦のマンションは今や観光地化しています。

 当初、渡米にはマスコミの目から逃れるという目的もあったのでしょうが、『デイリー・メール』をはじめ、日本のメディア以上に執拗な海外パパラッチに日々追いかけられている。また、アジア系の住人に対するヘイトクライムも増えており、2月10日には夫婦の自宅のすぐ近くで銃撃事件も発生しました。日本で暮らすほうが安全だという点は否めません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン