芸能

田中卓志MC新番組が“『めちゃイケ』そっくり”でフジテレビ「守りの姿勢」への苦言

ゴールデン番組で初のMCを務めるアンガールズ・田中卓志

ゴールデン番組で初のMCを務めるアンガールズ・田中卓志

 4月24日、アンガールズの田中卓志がゴールデン帯で初のMCを務める『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系)がスタートした。初回は3時間スペシャルで、国語、数学、理科、社会、英語の5科目、美術と体育の実技テストをおこない、『ふぉ~ゆ~』の辰巳雄大やトラウデン直美、村重杏奈などの若手から、三田寛子や野々村真というベテランまで、15名が生徒として出演。田中が担任、シソンヌの長谷川忍が副担任としてテストの講評をしていった。古参のテレビ局関係者は「驚きましたね」と語る。

「『めちゃ2イケてるッ!』の期末テストとフォーマットが同じです。これなら、『めちゃイケ』復活スペシャルをしたほうが視聴率は取れたのではないでしょうか」

 両番組の酷似性はSNSでも話題になり、放送中に『呼び出し先生タナカ』『めちゃイケ』がツイッターのトレンドワードになった。

「自局の番組を真似しているからセーフとか、番組の総合演出が『めちゃイケ』でディレクターをしていた局員だから構わない、とかの問題ではない。『呼び出し先生タナカ』は4月改編のフジテレビの目玉なわけですよね。その1回目の3時間スペシャルで、視聴者が見た瞬間に別の番組との酷似を想起する内容を放送している。テレビマンとしてのプライドがないのかなと思いました」(同前)

 フジテレビは『楽しくなければテレビじゃない』をキャッチフレーズに1982年から1993年まで全日帯、ゴールデン帯、プライム帯の“視聴率三冠王”を獲得。1994年以降は日本テレビにその座を明け渡したが、大学生の『就職したい企業ランキング』で1位になるなどブランドイメージは高いままだった。2004年から2010年まで再び“視聴率三冠王”となった。しかし、翌年から低迷が始まり、現在の状態も全盛期の勢いにはほど遠い。

「今の総合演出やプロデューサーは良い頃のフジテレビに憧れて入社した人たちが大半を占めています。しかし、その“憧れのフジテレビ”を作ったメンバーはもっと泥臭かったし、オリジナリティにこだわった。古き良きフジの代表的な番組である『笑っていいとも!』は当時、昼番組に似つかわしくないと言われたタモリを司会に起用し、レギュラー陣も当初はピンク映画を中心に撮っていた山本晋也監督などサブカル系の文化人も多数いた。いわば、何もないゼロからイチを生み出そうとしていた。ビートたけしや明石家さんまの『オレたちひょうきん族』だって、当時無敵で視聴率30%前後を稼いでいた『8時だョ!全員集合』の裏番組として、ドリフターズとは違う新しい笑いに挑戦していった」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン