芸能

立川談志が「これだけは世に出すな」と言った、手に汗握る五日間がCD化

『伝説の談志五夜』がいよいよ…

『伝説の談志五夜』がいよいよ…

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、芸人人生におけるポイントとなるライブについてつづる。

 * * *
 芸人や歌手には「あの会がきっかけ」、「あのコンサートでブレイク」などエンターテイメントの中でポイントとなるライブがある。落語で言えば若き日の「志ん朝七夜」である。伝説の中で私は二夜、間にあった。

 そこで今回は噂とか幻でしかなかった『伝説の談志五夜』(日本コロムビア)がいよいよ4枚のCD化となった話。私とギャグ本なども出した作家の和田尚久がコツコツと国立劇場へ通い出しあらゆる音源をききまくり国立演芸場でのタブーな「談志五夜」を各所へ根まわしして遂にCD化へこぎつけた。和田からカバーにコメントを求められたのでこう書いた。《談志は言った。「これだけは世に出すな」と。by高田文夫》

 この一行で充分だと思う。1995年3月の話である。この時談志59歳、私47歳。一番威勢のいい頃である。男盛りやんちゃ盛り。私は第一夜で一席やって、第三夜楽屋へ遊びに。そこへ天下の中村勘九郎(十八代勘三郎)もやってきてパーッと飲みに行ったはいいが、深夜2時くらいか、談志はもう嬉しくてベロベロ。「明日もう行かな~い。第四夜、勘九郎、舞台上がって代わりにあやまってくれ。オイッ高田。お前はたけし連れて国立に来い」だと。もうメチャクチャ。皆さんご存じのあの事故のすぐ後である。まだ眼帯もしてるし、テレビにも一度も出ていない状態である。本当のことを言えばきっと談志はたけしが心配で早く逢いたかったのだと思う。こういう形にすれば高田が何とかしてくれるだろうと思ったのだと今なら合点する。

 第四夜、宿酔いで高座の隅で笑っている談志に中央で勘九郎、たけし、私という圧倒的な写真が家にある。今度私のブログ(「おもひでコロコロ」)に発表しようと思う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン