ライフ

大人が楽しむ「GW必見番組表」 中森明菜コンサート、コント、ドキュメンタリーなど

刑事コロンボなどの往年の名作も(写真/共同通信社)

刑事コロンボなど往年の名作も(写真/共同通信社)

 新型コロナが一向に収束せず、Go Toトラベルも再開の見通しが立たないなか、今年のゴールデンウィーク(GW)は「家でテレビ三昧」を決めた人も多いことだろう。本誌『週刊ポスト』は地上波とBSから、大人の視聴者に向けて、絶対に見逃せない番組をピックアップ。充実したテレビライフを送るための番組表を作成した。

 10日間にわたる今年のGWは、スペシャル番組の宝庫だ。週の前半は名作映画・ドラマが集中している。NHK BSプレミアムでは、『北北西に進路を取れ』『大岡越前5』(共に4月29日)、『刑事コロンボ』(4月30日)が放送される。ほかにもBSテレ東では『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』(4月30日)、BS日テレでは『ティファニーで朝食を』(4月30日)などの名作が目白押しだ。

 古き良き名曲・名歌手に“再会”できる音楽番組も充実している。BSテレ東では、美空ひばりや島倉千代子らの名曲を振り返る『武田鉄矢の昭和は輝いていた 昭和歌謡を率いた作曲家市川昭介3時間スペシャル』(4月29日)を放送。NHK BSプレミアムでは、『伝説のコンサート 中森明菜スペシャルライブ1989リマスター版』(4月30日)を高画質の4K映像で観ることができる。

 ドキュメンタリー番組では、各局で大物が続々と登場する予定だ。大人気の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で北条義時役を務める小栗旬に密着した『プロフェッショナル仕事の流儀 小栗旬スペシャル』(5月3日・NHK)、巨人のキャプテン・坂本勇人が出演する『全国の少年少女へ!夢と感謝の交流ジャイアンツ選手会スペシャル』(5月1日・BS日テレ)などがある。

 笑うGWを過ごしたい人はフジをチェック。5月1日には『中川家&コント』(BSフジ)、5月8日には『ドリフに大挑戦スペシャル』(フジテレビ)などのコント番組が放送される。その他にも特番が充実しているので、別掲の番組表を参考にしてほしい。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト