芸能

45歳で末期がんと診断された小西博之 「初期だから心配ない」と両親についた嘘

2004年、45歳で末期の腎臓がんと診断された俳優の小西博之

2004年、45歳で末期の腎臓がんと診断された俳優の小西博之

 老親や家族に「がんをどう伝えるか」はがん患者の誰もが悩むところ。いざ、家族に伝える際にはどうするのが“理想”なのか──。

 2004年、45歳で末期の腎臓がんと診断された俳優の小西博之(62)は、入院が決まった段階で実家の両親に「初期のがんだから心配ない」と“嘘”をついた。

「告知の場には事務所の会長・社長がいて、彼らが親への連絡や面会者への連絡まですべてやってくれました。子供には心配をかけたくなかったので一切知らせませんでした。

 両親にも心配をかけないように、入院と手術の日程だけを伝えて『初期(ステージ1)のがんを取るんだ』という説明をしたんです。大したことはないから『(和歌山の)実家にいて、神様にうまくいくようお祈りしていてね』と言ったのですが、やはり病院に来ました。げっそりと体重の落ちた僕を見たら言葉が出なかったようです。恐らく僕が嘘をついているのはバレていたと思います」(小西)

 結果的にはリンパ節への転移はなく、小西は末期の腎臓がんから生還を果たしたが、両親は手術後、転移についての検査結果が出る前日に故郷へと帰ってしまったという。

「なんで帰るのか不思議でした。後から聞いたら、母が『絶望的な状況で、先生に告知されて落ち込む息子を見ていられない。だから実家に帰って神様にお祈りする』ということだったんです。実家の山の上に神社があるんですが、そこに登って一日拝んだらしい。母は神道を信仰していたので、とにかくお祈りしてくれました」(小西)

 このように「親には心配をかけたくない」と思う人が多いが、医師の尾崎章彦氏(ときわ会常磐病院乳腺外科)は、「高齢の親御さんも一緒に病院に来て説明を受けてもらってもいい」と語る。

「50代くらいの働き盛りの患者さんほど、一人で抱えて頑張ってしまいがちですが、がんは周囲のサポートが本当に大事な病気です。気力も体力ある若い子供が患者さんを支えてくれるのが理想ですが、老親であっても、病状を知りたいとか一緒に頑張りたいとの気持ちがあれば、重要な病状説明の時はご一緒してほしい。

 患者さん本人だけでは気付けないこともあるので、周りのご家族が疑問に思うことなどを積極的に質問していただければ、患者さん自身の力になるはずです」

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン