ライフ

サプリメントの危険性 輸入された“減量目的”サプリの多くに販売禁止成分検出

(写真/GettyImages)

サプリメント接種による健康被害も多数報告されている(写真/GettyImages)

 このコロナ禍において“免疫力の向上に役立つ”と喧伝され、ビタミンDのサプリメントが注目を浴びたのは記憶に新しい。しかも、ビタミンDは、皮膚が直射日光に当たることで体内で生成され、食品からの摂取は難しい。サプリメントで補うのがぴったりの栄養素だ。だが、形成外科医の北條元治さんはこのブームに警鐘を鳴らす。

「そもそも“栄養素を単体で摂取しさえすれば健康になる”という考えは間違いです。例えば、“ビタミンB1が不足すると脚気になる”といいますが、厳密には違います。“脚気患者の健康状態を調べたところ、健康な人と比べてビタミンB1の血中濃度が少なかった”が正しい」(北條さん)

 ビタミンB1の不足が脚気に深くかかわっているのは間違いないが、原因はそれだけではなく、その他のビタミンの不足や糖質の過剰摂取など、いくつもの要因がある。つまり、たった1つの栄養素だけが原因で病気になったり、反対にサプリメントで1つの栄養素を摂取しさえすれば健康になるわけではないのだ。

 特にビタミンに関しては、誤った情報も多い。件のビタミンDも、あくまでも栄養素そのものに免疫力向上が期待できるというだけであって、サプリメントで摂取することが新型コロナの予防になるなどとは、医学的に証明されていない。

 もう1つの問題は「海外輸入」だ。国際医療福祉大学病院教授で国際未病ケア医学研究センター長の一石英一郎さんが解説する。

「2007〜2016年、カリフォルニア州公衆衛生局の研究チームが米食品医薬品局(FDA)の『有害な成分の含有が否定できないサプリメント』に登録された776点のサプリメントを調査しました。その結果、大半の商品に、無許可で医薬品の成分が記載のないまま使用されていることがわかったのです」

 なかでも「減量」を目的とした317種類のサプリメントのうち、なんと84.9%から、健康被害が報告され米国内で販売禁止になっている「シブトラミン」が検出された。さらに、23.7%の商品には、発がん性が指摘されている販売禁止成分の「フェノールフタレイン」が“混入”していたのだ。「安いから」という理由で安易に海外から輸入したサプリメントは、粗悪品どころか、毒を口に入れている可能性もある。

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン