ライフ

サプリメントの危険性 輸入された“減量目的”サプリの多くに販売禁止成分検出

(写真/GettyImages)

サプリメント接種による健康被害も多数報告されている(写真/GettyImages)

 このコロナ禍において“免疫力の向上に役立つ”と喧伝され、ビタミンDのサプリメントが注目を浴びたのは記憶に新しい。しかも、ビタミンDは、皮膚が直射日光に当たることで体内で生成され、食品からの摂取は難しい。サプリメントで補うのがぴったりの栄養素だ。だが、形成外科医の北條元治さんはこのブームに警鐘を鳴らす。

「そもそも“栄養素を単体で摂取しさえすれば健康になる”という考えは間違いです。例えば、“ビタミンB1が不足すると脚気になる”といいますが、厳密には違います。“脚気患者の健康状態を調べたところ、健康な人と比べてビタミンB1の血中濃度が少なかった”が正しい」(北條さん)

 ビタミンB1の不足が脚気に深くかかわっているのは間違いないが、原因はそれだけではなく、その他のビタミンの不足や糖質の過剰摂取など、いくつもの要因がある。つまり、たった1つの栄養素だけが原因で病気になったり、反対にサプリメントで1つの栄養素を摂取しさえすれば健康になるわけではないのだ。

 特にビタミンに関しては、誤った情報も多い。件のビタミンDも、あくまでも栄養素そのものに免疫力向上が期待できるというだけであって、サプリメントで摂取することが新型コロナの予防になるなどとは、医学的に証明されていない。

 もう1つの問題は「海外輸入」だ。国際医療福祉大学病院教授で国際未病ケア医学研究センター長の一石英一郎さんが解説する。

「2007〜2016年、カリフォルニア州公衆衛生局の研究チームが米食品医薬品局(FDA)の『有害な成分の含有が否定できないサプリメント』に登録された776点のサプリメントを調査しました。その結果、大半の商品に、無許可で医薬品の成分が記載のないまま使用されていることがわかったのです」

 なかでも「減量」を目的とした317種類のサプリメントのうち、なんと84.9%から、健康被害が報告され米国内で販売禁止になっている「シブトラミン」が検出された。さらに、23.7%の商品には、発がん性が指摘されている販売禁止成分の「フェノールフタレイン」が“混入”していたのだ。「安いから」という理由で安易に海外から輸入したサプリメントは、粗悪品どころか、毒を口に入れている可能性もある。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン