ライフ

注意すべきサプリメント 用法・用量を守っても過剰摂取になる可能性も

トラブルになった成分も(写真/GettyImages)

トラブルになった「プエラリア・ミリフィカ」などの成分も(写真/GettyImages)

 ダイエット、美容、目や関節の機能向上、さらには免疫力や記憶力のアップまで、ありとあらゆる効果をうたう商品が存在するサプリメント。ただ、飲み方によってはかえって健康を害する場合もあると、薬剤師の福井セリナさんは言う。

「栄養素の中には、体に蓄積しやすいものも多い。サプリメントは手軽に効率よく任意の栄養素を摂取できるため、一定期間継続してのみ続けると、過剰に摂った成分が体内で反応を起こすことがあります」(福井さん)

 特に気をつけたいのが、ビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンだ。代謝の上限を超えて摂取すると、肝臓や脂肪細胞に蓄積され、さまざまな問題を引き起こしかねない。国際医療福祉大学病院教授で国際未病ケア医学研究センター長の一石英一郎さんは言う。

「ビタミンAは、適切に摂取すれば骨の健康維持に役立つとされます。ところが、過剰摂取するとむしろ骨折のリスクが高まるという報告がなされています。

 ビタミンDは、摂りすぎると下痢、嘔吐、食欲不振、イライラなどの症状が出るとされる。ひどければ、高カルシウム血症と同様の症状が出るとも示唆されています。

 ビタミンEには高い抗酸化作用があることがわかっていますが、米国の研究報告によれば、過剰に摂取すると寿命が短くなるといわれています」(一石さん)

 一方、ビタミンCやビタミンB群といった水溶性のビタミンも油断できない。「水溶性のビタミンは摂りすぎても尿として排出され、体にたまることはない」といわれるが、尿として排出されるということは、腎臓を介するということ。摂取しすぎて腎臓に負担がかかり、腎結石や腎障害を発症したという報告もある。実際に、香港で推奨量の8倍のビタミンCサプリメントをのんだ男性が腎不全になり、人工透析を受ける羽目になったという話もある。

 この「摂りすぎると」というのが実はクセモノだ。

「ビタミンなどの栄養素を代謝できる量は、個人差が大きい。どれくらいのむと過剰摂取になるのかは、線引きが難しいのです。特に、高齢者は注意が必要。加齢によって肝臓や腎臓の代謝機能が落ちるので、昔からのんでいるサプリメントでも、用法・用量を守っていても、過剰摂取になる可能性も考えられます」(福井さん)

 鉄分や亜鉛といった微量元素も、それ自体は人体に必須の栄養素。体内で合成することができないため、経口摂取しなければならない。ところが、摂取しすぎは逆効果だ。

「鉄分の過剰摂取は便秘や胃腸障害、亜鉛の過剰摂取は吐き気や下痢、食欲不振などの可能性がある。過剰摂取が続けば、ひどければ免疫力の低下や善玉コレステロールの減少なども起きかねません」(一石さん・以下同)

 2017年から日本医師会が注意喚起しているサプリメントの成分が、「プエラリア・ミリフィカ」。マメ科の植物の根からつくられており、タイなどでは古くから女性の更年期障害を緩和する薬としても使われている成分だ。

 女性ホルモンに強く働きかけることで、バストアップ効果などが期待できると人気を集めていたが、服用した多くの女性に腹痛や発疹などのほか、月経不順や不正出血などの報告が相次ぎ、2020年には厚労省によって「健康被害の発生を未然に防止する見地から特別の注意を必要とする成分等を含む食品」として指定された。

 どれだけ「健康・美容にいい」といわれていても、過信してはいけないのだ。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン