芸能

神木隆之介、伊藤沙莉、福原遥ほか 大人になっても活躍続ける「元子役」続出の理由

同世代でトップクラスの人気を誇る(時事通信フォト、AFLO)

同世代でトップクラスの人気を誇る(時事通信フォト、AFLO)

 かつて子役と大人の役者の間には、高い壁が存在した。「一度染み付いた“子ども”というイメージから脱却するのは難しい」と長年言われており、たしかに子役としてブレイクしたものの、気づけばメディアから姿を消していたタレントは少なくない。

 しかし、今の芸能界はどうだろうか。成長後も『るろうに剣心』や『君の名は。』など多数のヒット作に関わる神木隆之介(28)を筆頭に、2021年ブレイク女優ランキング第1位に輝いた伊藤沙莉(28)、2022年度後期放送のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』のヒロインに起用された福原遥(23)と、子役出身者が大活躍している。また、志田未来(28)は、3月26日に開局したBS松竹東急のドラマ『いぶり暮らし』で主演を務めている。

 映画『万引き家族』(2018年)などで数々の女優賞を獲得してきた松岡茉優(27)も、芸能界入りしたのは8歳のときだ。ほかにも濱田岳(33)、須賀健太(27)、岡田結実(22)、吉川愛(22、旧芸名は吉田里琴)と子役出身の人気俳優は枚挙にいとまがない。17歳の芦田愛菜も6月に主演映画『メタモルフォーゼの縁側』の公開が控えており、大人の役者として活躍するためのステップを順調に上っている。

 オンラインレッスンも含めて全国に生徒を抱え、子役の指導も手がけるACT芸能進学校の運営スタッフが、「子役出身が成功するのは難しい」と言われてきた理由を説明する。

「子役に対して、子どもらしさを強調するような話し方の芝居を求めるディレクターが業界には大勢います。そのため大手の児童劇団でもそのような“子ども芝居”の練習が行われて、子どもたちも『こういうお芝居がお仕事に繋がるんだ』と学習します。しかし、もちろん成長していくと、子ども芝居を続けたところで良い結果にはなりません。

 そして、成長して容姿が変化したり声変わりすると、世間の人々も『雰囲気が変わった』と違和感を覚えるようになってしまう。事務所の方々が子役をマネジメントする場合、大人になったときのことまで予測しながら仕事を受ける必要があります。それが子役という存在の難しさであり、活躍し続ける子役が少なかった理由なのだと思います」(ACT芸能進学校の運営スタッフ、以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン