国内

知床遊覧船を紹介したクレジットカード会員誌 見て旅行を決めていた男性の背筋凍る思い

4月23日に沈没したKAZUI(知床遊覧船HPより)

4月23日に沈没したKAZUI(知床遊覧船HPより)

 北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故では、今なお行方不明者の懸命な捜索活動が続いている。4月23日に乗客・乗員26人を乗せた観光船「KAZUI(カズワン)」が沈没した事故では、乗客14人が死亡。発生から2週間以上が経っても、12人が行方不明となったままだ。観光船を運行していた「知床遊覧船」では、事務所の無線や衛星携帯電話が使用できない状態だったなど、杜撰な実態も明らかになっている。そうした状況で、「自分もこの船に乗っていたかもしれないと思うと、ぞっとする」と語るのは、関西在住の元会社役員男性(75歳)だ。

「この夏、北海道に旅行して知床遊覧船の観光船に乗ろうと思っていたんです。宿泊先も知床遊覧船のグループのホテルにする予定だった。今回のニュースを見て、背筋が凍る思いです」

 そう語る男性が知床遊覧船でのクルーズを組み込んだ旅程を考えたのは、昨夏に送られてきた大手クレジットカード会社のゴールド会員向け会員誌の北海道特集のなかで、今回事故を起こした知床遊覧船と系列のホテルが紹介されていたからだという。男性が続ける。

「これまでも会員誌を見て旅行先を決めていました。去年は新型コロナウイルスの“第5波”があったので旅行はなしにして、1年後の夏に行こうと会員誌を残していたんです。ところが、今回の事故じゃないですか……。船体に亀裂が入っていたとか、緊急無線用のアンテナが折れていたであるとか、安全運航とはほど遠い会社だったと報じられている。会員誌で知床の宿として紹介されていたホテルも同じグループ会社のものでした。信用第一のクレジット会社の会員誌で紹介されていたのに……と驚きましたよ」

 男性の手元にある会員誌では、たしかに巻頭特集として北海道の魅力が18ページにわたって紹介されていた。知床・十勝・函館・札幌とエリアを分けて紹介する内容で、特集のトップで取り上げられているのが知床だった。世界自然遺産エリアにポツンと建っている知床遊覧船の系列ホテルの航空写真が掲載され、次の見開きにはカムイワッカの滝の近くを航行する遊覧船を空から捉えたカットやヒグマが海岸を歩いている写真などが紹介される。

 文章では〈知床の豊かな大自然を体感するなら海上からがお薦めだ。ウトロ港を出発した遊覧船は断崖絶壁の海岸線に沿って走る〉〈途中、フレペの滝、カムイワッカの滝などの名所を越え、船はルシャ湾に入る〉といった文章があり、知床遊覧船の連絡先や料金が記されている。その次のページには〈世界自然遺産エリア内の1軒家〉として、系列ホテルが紹介され、やはりホテルの連絡先と料金が掲載されている。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト