国際情報

ロシア治安当局、国民を「愛国者」と「裏切り者」に分け“密告社会”再び

開戦当時はロシア国内で激しいデモが起こった(写真=NurPhot/kyodo)

開戦当時はロシア国内で激しいデモが起こった(写真=NurPhoto/kyodo)

「ウクライナ戦争の転換点になる」と言われてきた5月9日──ロシアにとって重要な対独戦勝記念日を迎え、プーチン大統領の暴走はどこへ向かうのか。新たなステージに突入した戦争の展開について、大和大学社会学部教授の佐々木正明氏に話を聞いた。

 * * *
 戦勝記念日のプーチン大統領の演説は、当初のシナリオとしてはウクライナへの「特別軍事作戦」での戦果の報告だった。しかし、その目論見は大きく外れた。

 それでも、「情報の鎖国」状態にあるロシアでは、プーチン氏の高支持率は今後も続くものと思われる。ロシア国民にとって、ソ連崩壊後に祖国の国力を失墜させてきたのはアメリカであり、“欧米の圧力からロシアを守るプーチン氏”は、まだ多くの国民から英雄視されている。

 プーチン氏のウクライナ侵攻を支持しているのは、「ソ連時代を知っている」「情報を国営メディアに頼っている」「現在のウクライナを知らない」という3つの層だ。

 ソ連崩壊が実体験としてある30代後半以上の人は、経済的に疲弊したロシアを立て直したプーチン氏の指導力を見てきた。情報ソースを国営メディアに頼っている地方在住者や高齢者は政府の統制した情報ばかり目にしている。そして、1991年の独立後に民主主義路線を取ったウクライナがロシアとは全く異なる価値観を持つ国だと理解していない人たちもいる。

 反対にスマホで外国の情報に触れ、国際的感覚のある都市部の若者層は不満を募らせている。“情報の鎖国の外”にいる彼らは欧米との関係を絶たれ、留学やビジネスの停止により自分たちの未来への希望を奪われたという気持ちがある。そこから反プーチン運動が再燃する可能性はある。

 ただし、そういった反乱の萌芽を治安当局は見逃さず、ロシアでは「浄化」を進めようとしている。国民を「愛国者」か「裏切り者」かに分け、反政府的な裏切り者には刑罰が科され、社会からも抹殺されかねないという恐怖を植え付けている。国民は反体制の意志をからめとられており、開戦直後に反戦を訴えていた勢力が極端に減ったのは人々が恐れをなしている証拠だと言える。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン