ライフ

『週刊現代』元編集長が語る変形性股関節症の過酷さ 発症から“卒業”まで

今年1月に手術した加藤晴之氏の左股関節は骨が削り取られ、代わりに「人工股関節」が入れられている(写真提供/加藤氏)

今年1月に手術した加藤晴之氏の左股関節は骨が削り取られ、代わりに「人工股関節」が入れられている(写真提供/加藤氏)

 痛みでうまく歩けない、靴下が履けない、夜も眠れない──元『週刊現代』の名物編集長・加藤晴之氏(66才)が悶絶したのが「変形性股関節症」だ。

 脚の付け根にある左右の股関節は人体で最も大きな関節で、骨盤と大腿骨を繋ぐ“要”。周囲には大腿四頭筋や内転筋などがあり、「立つ」「歩く」「座る」など下肢を大きく動かす際に重要な役割を果たしている。その股関節の軟骨がだんだんすり減って変形したり、骨同士がこすれて炎症を起こしたりする病気が変形性股関節症だ。加藤氏は言う。

「手術前は左の股関節が曲がらなくて、靴下を履くのも大変でハアハア言うようになった。足の爪を切ることも靴紐を結ぶこともできなくなりました。鎮痛剤を飲まないと痛みで眠れなかった。もっと早く手術を受けていれば、そう今は思いますよ」

 加藤氏は今年1月に左の股関節を人工股関節に換えたが、「痛みがなくなった」と言う。股関節の痛みに襲われたのは講談社を60歳で退職し、フリーランスとして活動を始めた2017年頃。友人と計画した富士登山に向けてのトレーニングがきっかけだった。

「ジムの階段状のマシンで激しく運動したら、左の股関節がものすごく痛くなった。近所の整形外科を受診したら『変形性股関節症』と診断され、医師に『左股関節の軟骨がほとんどない』と告げられました。その際は、『鎮痛薬しか治療法はない』と薬を処方された。旧知の理学療法士に相談しても、『股関節周りの筋肉をほぐすくらい』と言われました」(加藤氏)

 その後、痛みが和らいだが、1日1錠の痛み止めの服用は続けたという。転機はコロナ禍だった。

「コロナ禍で運動不足になって体重が少し増えたせいかもしれません。2020年夏頃に痛みがひどくなり、鎮痛剤を追加しました。それでも痛みは治まらず、ついに股関節がほとんど曲がらなくなり、片足を引きずって歩くようになった。その姿を見た知人の勧めもあり、今年、手術を決断しました」(加藤氏)

 手術にあたって重視したのは、執刀する医師の“腕”だった。

「人工股関節の手術は医師の練度と手先の器用さなどで差があると思ったのです。それで症例数が多く一般向けにも解説記事を書かれている先生(済生会横浜市東部病院の船山敦医師)に連絡しました」(加藤氏)

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン