ライフ

『週刊現代』元編集長が語る変形性股関節症の過酷さ 発症から“卒業”まで

今年1月に手術した加藤晴之氏の左股関節は骨が削り取られ、代わりに「人工股関節」が入れられている(写真提供/加藤氏)

今年1月に手術した加藤晴之氏の左股関節は骨が削り取られ、代わりに「人工股関節」が入れられている(写真提供/加藤氏)

 痛みでうまく歩けない、靴下が履けない、夜も眠れない──元『週刊現代』の名物編集長・加藤晴之氏(66才)が悶絶したのが「変形性股関節症」だ。

 脚の付け根にある左右の股関節は人体で最も大きな関節で、骨盤と大腿骨を繋ぐ“要”。周囲には大腿四頭筋や内転筋などがあり、「立つ」「歩く」「座る」など下肢を大きく動かす際に重要な役割を果たしている。その股関節の軟骨がだんだんすり減って変形したり、骨同士がこすれて炎症を起こしたりする病気が変形性股関節症だ。加藤氏は言う。

「手術前は左の股関節が曲がらなくて、靴下を履くのも大変でハアハア言うようになった。足の爪を切ることも靴紐を結ぶこともできなくなりました。鎮痛剤を飲まないと痛みで眠れなかった。もっと早く手術を受けていれば、そう今は思いますよ」

 加藤氏は今年1月に左の股関節を人工股関節に換えたが、「痛みがなくなった」と言う。股関節の痛みに襲われたのは講談社を60歳で退職し、フリーランスとして活動を始めた2017年頃。友人と計画した富士登山に向けてのトレーニングがきっかけだった。

「ジムの階段状のマシンで激しく運動したら、左の股関節がものすごく痛くなった。近所の整形外科を受診したら『変形性股関節症』と診断され、医師に『左股関節の軟骨がほとんどない』と告げられました。その際は、『鎮痛薬しか治療法はない』と薬を処方された。旧知の理学療法士に相談しても、『股関節周りの筋肉をほぐすくらい』と言われました」(加藤氏)

 その後、痛みが和らいだが、1日1錠の痛み止めの服用は続けたという。転機はコロナ禍だった。

「コロナ禍で運動不足になって体重が少し増えたせいかもしれません。2020年夏頃に痛みがひどくなり、鎮痛剤を追加しました。それでも痛みは治まらず、ついに股関節がほとんど曲がらなくなり、片足を引きずって歩くようになった。その姿を見た知人の勧めもあり、今年、手術を決断しました」(加藤氏)

 手術にあたって重視したのは、執刀する医師の“腕”だった。

「人工股関節の手術は医師の練度と手先の器用さなどで差があると思ったのです。それで症例数が多く一般向けにも解説記事を書かれている先生(済生会横浜市東部病院の船山敦医師)に連絡しました」(加藤氏)

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン