ライフ

【新刊】アジアを舞台に活仏転生から食糧危機までを描く『香君』など4冊

 暦の上では夏が始まり、汗ばむ日も増えてきたこの時期。涼しい部屋のなかで読書を楽しんではいかがだろうか。おすすめの新刊4冊を紹介する。

『香君』

『香君』

『香君』上橋菜穂子/文藝春秋/上下巻各1870円

 幼い頃からニオイの発する“感情”が分かるアイシャ。帝国の視察官マシュウの一計で活き神様「香君」に仕える。帝国が各藩を統べてきた道具=奇跡の稲に迫る“病害”。 アイシャは植物、昆虫、微生物、土壌などが互いに影響し合うシステムの不思議にも目覚めていく。けなげな少女の冒険ファンタジーにして飢餓や飢饉に関わる統治小説でも。上橋さんならではの奥深い世界だ。

土偶

『土偶を読む図鑑』

『土偶を読む図鑑』/竹倉史人/小学館/1980円

 縄文の土偶は人体像ではなく「植物をかたどった精霊像」。考古学会がどん引きする新説でサントリー学芸賞を受賞(2021年)した著者が豊富なヴィジュアル素材で自説を解説。ぼってり腰もユーモラスな「縄文のビーナス」がトチノミとマムシをかたどったものだったとは(俯瞰で知る頭部の模様にびっくり)。堅果類、穀類、芋類などのモチーフから縄文人の暮らしの実像が立ち上がる。

『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』

『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』

『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』/東畑開人/新潮社/1760円

“人に迷惑をかけない”という考え方ってすごく淋しい。共同体(お互い様)の消滅に思えるから。著者は現代をこう見る。社会が断片化、個人が孤立し、夜を航海する小舟のようだと。そんな時代特有の悩みや苦しみに光を当て、具体的に“こんな考え方はどうですか”と補助線を引く。短期のケアと長期のセラピー、どちらにも効く。著者の発明と言いたくなる寄り添い文体も画期的。

『やめるな外科医』

『やめるな外科医』

『やめるな外科医』/中山祐次郎/幻冬舎文庫/693円

 シリーズ1作目で25才の研修医だった雨野隆治も、この4作目では30才。放置すれば死んでしまう手術を頑として拒む老女、多発性骨転移で衰弱していく若い葵、恋人はるかに突きつけられた別れ、任された手術は成功したと思いきや患者が術後出血し……。こんな誠実で素敵な医師がホントにいるの!?と汚れた大人の心で思うけれど、やっぱり今回もじんわり感動。涙腺がゆるむ。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年5月26日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン