国内

秋篠宮の告白 父から受け継ぎ、そして悠仁親王へと受け継がれた1冊の本

幼少期の思い出も振り返った(秋篠宮は右から3番目。写真/共同通信社)

幼少期の思い出も振り返った(写真/共同通信社)

 コン、コン。ドアのノック音とともに、対話劇は幕を開ける。「寒いですねえ」。部屋に入ってくるなり、そう切り出すのは秋篠宮である。それに応じるのは元毎日新聞編集委員のジャーナリスト・江森敬治氏だ。たわいもない話題に始まり、父親の退位や長男の進学などについて会話は深まっていく。このたび江森氏が上梓する『秋篠宮』(小学館刊)には、そんなやりとりが生々しく描かれている。5月11日の同書発売に合わせて、秋篠宮の肉声を独占掲載する。【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
 取材場所となった秋篠宮邸の部屋には、三羽の鳥の剥製やアンモナイトのような白い置物がある。これは秋篠宮いわく、珍しいものを置いておくと初対面の訪問者とも会話が広がることがあるからだという。「自らのことをシャイで口下手だと考えている、殿下らしい工夫が見られます」と江森氏は言う。本書が紹介する秋篠宮の姿は、多くの国民にとって新鮮だろう。幼少期のエピソードとして次のような記述がある。

〈兄は木登りが得意でスッスッスッと、木の上まで登っていった。東宮御所の駐車場近くには煙突のある建物があり、兄はその上まで登ったこともあった。(略)秋篠宮は学校から帰ってきても、部屋に籠もり、誰かに引っ張り出されないと外には出なかった〉(同書より)

 実直な兄・天皇に対して、秋篠宮は自由奔放な次男として語られることが多かった。幼少期に限っていえば、実際は逆だった。

 皇族「人間・秋篠宮」の素顔が最も自然な形で現われるのは、両親についての問答だった。

「地方に母が出かけるというので、ものすごく泣いたという思い出は鮮明に残っていますね」

 これは江森氏が父親である上皇、母親である上皇后との最初の思い出を聞いた際の返答である。

〈上皇后が、九州に公的な活動のために出かけた時の話だという。彼は、親と離れるのが辛く寂しかった。「(そろそろ)出掛けます」と告げた母親に対して、「行かないでえー」と、大声で泣き叫び、引き留めようとした〉

 江森氏によれば、母親との思い出を話す秋篠宮は嬉しそうだったという。

「何かの機会に、東宮御所で、宮内庁の嘱託のカメラマンが撮影するということがありまして……(略)カメラのフラッシュがまぶしい光でね、びっくりしました。すると、母が撮影を終えて部屋に戻ってきてから、『まぶしかったでしょ』とやさしく声をかけてくれました」

 父親に対してはどんな記憶を持つのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン