国内

秋篠宮の告白 父から受け継ぎ、そして悠仁親王へと受け継がれた1冊の本

幼少期の思い出も振り返った(秋篠宮は右から3番目。写真/共同通信社)

幼少期の思い出も振り返った(写真/共同通信社)

 コン、コン。ドアのノック音とともに、対話劇は幕を開ける。「寒いですねえ」。部屋に入ってくるなり、そう切り出すのは秋篠宮である。それに応じるのは元毎日新聞編集委員のジャーナリスト・江森敬治氏だ。たわいもない話題に始まり、父親の退位や長男の進学などについて会話は深まっていく。このたび江森氏が上梓する『秋篠宮』(小学館刊)には、そんなやりとりが生々しく描かれている。5月11日の同書発売に合わせて、秋篠宮の肉声を独占掲載する。【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
 取材場所となった秋篠宮邸の部屋には、三羽の鳥の剥製やアンモナイトのような白い置物がある。これは秋篠宮いわく、珍しいものを置いておくと初対面の訪問者とも会話が広がることがあるからだという。「自らのことをシャイで口下手だと考えている、殿下らしい工夫が見られます」と江森氏は言う。本書が紹介する秋篠宮の姿は、多くの国民にとって新鮮だろう。幼少期のエピソードとして次のような記述がある。

〈兄は木登りが得意でスッスッスッと、木の上まで登っていった。東宮御所の駐車場近くには煙突のある建物があり、兄はその上まで登ったこともあった。(略)秋篠宮は学校から帰ってきても、部屋に籠もり、誰かに引っ張り出されないと外には出なかった〉(同書より)

 実直な兄・天皇に対して、秋篠宮は自由奔放な次男として語られることが多かった。幼少期に限っていえば、実際は逆だった。

 皇族「人間・秋篠宮」の素顔が最も自然な形で現われるのは、両親についての問答だった。

「地方に母が出かけるというので、ものすごく泣いたという思い出は鮮明に残っていますね」

 これは江森氏が父親である上皇、母親である上皇后との最初の思い出を聞いた際の返答である。

〈上皇后が、九州に公的な活動のために出かけた時の話だという。彼は、親と離れるのが辛く寂しかった。「(そろそろ)出掛けます」と告げた母親に対して、「行かないでえー」と、大声で泣き叫び、引き留めようとした〉

 江森氏によれば、母親との思い出を話す秋篠宮は嬉しそうだったという。

「何かの機会に、東宮御所で、宮内庁の嘱託のカメラマンが撮影するということがありまして……(略)カメラのフラッシュがまぶしい光でね、びっくりしました。すると、母が撮影を終えて部屋に戻ってきてから、『まぶしかったでしょ』とやさしく声をかけてくれました」

 父親に対してはどんな記憶を持つのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン