スポーツ

元横綱・稀勢の里、写真NG“極秘結婚”で注目集まる「新しいおかみさんの在り方」

結婚報道にあたって新妻の写真提供すらなかったという(写真/共同通信社)

結婚報道にあたって、相手の写真提供すらなかったという(写真/共同通信社)

 元横綱・稀勢の里の二所ノ関親方が結婚していたことが明らかになった。相手は6歳年下で、大阪府出身の一般女性だ。

「専属評論家を務める『スポニチ』が4月27日付の一面で報じましたが、これは翌日発売の『週刊文春』の“スクープ潰し”だった。入籍は今年1月のことで、コロナ禍で部屋への個別取材が禁止されていたとはいえ、初場所や春場所があったのにスポニチの担当者にさえ知らせない“極秘結婚”だった。結婚報道にあたっても新妻の写真提供すらなかった」(担当記者)

 現役力士や部屋付き親方の結婚ならまだしも、部屋を構える親方の妻は「おかみさん」として部屋の広報担当なども担う。「表に一切出ないというのは考えにくく、これからどうするのか」(同前)と訝られている。

 二所ノ関部屋は一門の総帥部屋の位置づけだが、角界の常識を塗り替える改革的な試みで知られる。

「親方は早大大学院で『新しい相撲部屋経営の在り方』をテーマに修士論文を書いています。現在は筑波大で土俵を間借りしているが、6月には茨城・阿見町に新しい部屋を開く予定だ。土俵が2面あり、トレーニングルームなども併設されるという」(後援会関係者)

 角界では集中力が削がれるという理由で土俵は1面、筋トレよりも四股と鉄砲で鍛えるのが常識とされてきた。改革的な取り組みを続けるだけに、おかみさんも旧来の型にはめないつもりだろうか。

「とはいえ親方は『力士やスタッフがストレスなく過ごせる環境を2人でつくっていければ』とコメント。部屋を支えてもらうつもりなのは間違いない」(前出・担当記者)

 おかみさんの仕事は多忙だ。日々の買い出し、チャンコの用意はもちろん、力士の健康管理や後援会の仕切り、部屋の金庫番も務める。

 二所ノ関一門のおかみさんのひとりはこう言う。

「二所ノ関部屋の先代(元大関・若嶋津)のおかみさんは元歌手の高田みづえさんですが、お高くとまらずに部屋の切り盛りに尽力された。おかみさんは、“でしゃばらず、目立たず”が鉄則で、厳しい指導に耐える若い力士を励ますのが役割とされます。一方で、優しいばかりでは強い力士が育たなくて部屋の経営が回らないから、お尻を叩く役割が必要になることもある。単に“陰ながら支える”だけでは務まらないこともあるんです」

 6月の部屋開きで“お披露目”があるのか、2人はどんな役割分担になるのか。“新しいおかみさんの在り方”にも注目だ。

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン