ライフ

愛犬&愛猫・種類別 ペットを病気から守るために知っておきたい兆候と治療法

ペットを病気から守るためにどう備えるか

ペットを病気から守るためにどう備えるか

 犬や猫も人間同様、年を取れば体や心の変調に襲われる。少し前まで諦めざるをえなかった命を、医療の進歩で救うことができるようになった。楽しい日々をともに暮らし、つらい時を支えてくれた愛しいペットと穏やかに過ごすための“備え”は、今からでも遅くない。

 ペットも人間同様、加齢に伴い、様々な病気のリスクが高まる。がん、腎臓病、心臓病、白内障など人と同じような病気を患い、小さな体で苦しみに耐えている犬、猫は多い。一方、かつては治すのが難しかった病気が手術で根本的に治療できるなど医療の進歩も目覚ましい。高度医療に特化した病院では最先端の設備と専門的な医療技術で、かかりつけ医の紹介のもと重症患者の受け入れや高度な手術を行なっている。

 高齢猫の多くが腎臓病を発症するが、現在“夢の特効薬”として期待を集めているのが、免疫学者・宮崎徹氏が研究開発中の猫の腎臓病治療薬(AIM薬)だ。発見したタンパク質「AIM」が猫の腎臓病に効果があると実証。東京大学大学院教授だった昨夏、コロナ禍余波の資金難で研究が苦境に陥ったことが報じられると愛猫家を中心に約3億円の寄付が集まった。同氏は今春、東大を退職し、「AIM医学研究所」を設立。早期の治験、実用化を目指している。

病気からペットを守るために知っておきたい兆候と治療法

●トイ・プードル
【気をつけたい病気】骨折。特に前肢の橈骨(とうこつ)・尺骨(しゃっこつ)が多い
【主な兆候】突然の強い痛みを感じる様子、肢(あし)を挙げる、歩様の異常など
【予防・治療】家具の隙間やドアに肢を挟んだりしないよう注意をする。抱っこからの落下にも要注意。ギプスでの固定、もしくは手術が必要なことが多い

●チワワ

チワワ

チワワ

【気をつけたい病気】僧帽弁閉鎖不全症(左心房と左心室の間にある弁の機能が悪くなり、血液の逆流を起こす)
【主な兆候】初期は疲れやすい様子。無症状の場合もある。進行すると咳や呼吸の苦しさがあり、呼吸不全から死に至ることも
【予防・治療】定期的な健診(聴診)による早期発見。薬物療法や食事療法を行なう。近年では僧帽弁の手術も可能となっている

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン