スポーツ

羽生結弦、連盟に引退の意思表示せず 去就を明言しない「ザギトワ方式」で活動も

羽生結弦選手は生涯現役を貫くのか(写真/AFLO)

羽生結弦選手は生涯現役を貫くのか(写真/AFLO)

 5月27日から始まるアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」全4公演(幕張、名古屋、神戸、静岡)に、北京五輪後初めて姿を見せる予定の羽生結弦(27才)。すでに抽選販売が開始されたチケットは争奪戦となり、「幕張全滅」というワードがトレンド入りするほどだ。彼の去就に多くのファンが注目するなか、ある噂が聞こえてきて──。

《まだまだ時間はかかるかもしれないですが、もっと練習したいなという気持ちはあります。北京オリンピックで学んだことも、経験できたいい感覚もあるので、このまま練習していきたいです》
《これからも、羽生結弦を、羽生結弦のスケートを楽しみにしていただけるように、努力し続けます。これからも応援、よろしくお願いします!》

 全国の書店で、4月27日に発売されたフィギュアスケート専門雑誌『アイスジュエルズ Vol.16』の売り切れが相次いでいる。

 この号では、2月の北京五輪で初めて公式に認定された4回転アクセル(以下4A)について、羽生結弦が特別寄稿。

 自身の書籍以外で、彼が自ら筆を執ることはめったになく、発売前から話題に。貴重な一冊となった。

 なかでも注目を集めたのは、冒頭の文章だ。

「4Aの分析は極めて理論的で、彼が日常的に自身の技術を細かく分析していることがよくわかりました。

 そして、北京五輪後はしばらく羽生選手の進退が注目されてきましたが、この文章を読む限り、どうやら彼がこれからも4Aを練習し、完成を目指していることがうかがい知れます。引退するにせよ、現役を続行するにせよ、彼の挑戦が続くことは間違いないでしょう」(スケート連盟関係者)

 日本スケート連盟は4月21日、東京都内で理事会を開き、2022年度の強化選手を承認した。フィギュアスケートの「特別強化選手」の男子では、「羽生結弦(ANA)」の名が筆頭に挙げられている。

「引退を表明していない選手は、選手の意向とは関係なしに特別強化選手にリストアップされます。竹内洋輔フィギュア強化部長は“認定基準に沿って、例年通りこれまで引退の意志を伝えてきた選手以外を指定した”と説明しました。つまり、羽生選手は連盟に引退の意思表示をしていないようです」(前出・スケート連盟関係者)

 羽生は北京五輪で負傷した右足首捻挫の治療のため、3月の世界選手権を欠場し、その後は公の場に姿を現していない。

 この間、世界のリンクで一緒に戦ってきた仲間たちが、相次いで引退を表明している。

 男子では羽生とともに平昌五輪に出場した同い年の田中刑事(27才)が4月11日、自身のSNSで引退を発表。29日には引退会見を行った。

「昨年の全日本選手権のときにはすでに引退を決めていたそうで、そのときに羽生選手にも意志を伝えたそうです。

 2人は幼い頃から合宿などを共にし、切磋琢磨してきた仲。当時は田中選手より体力が劣っていた羽生選手が、彼に対し闘争心を焚きつけられたこともありました。引退後、田中選手はコーチとプロスケーターを両立させていくそうですが、羽生選手が彼の決断に何を思ったのか、気になるところですね」(前出・スケート連盟関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン