スポーツ

羽生結弦、連盟に引退の意思表示せず 去就を明言しない「ザギトワ方式」で活動も

2時まで練習をしていたという

深夜2時まで練習をしていたこともあった(2021年)

“ザギトワ方式”を踏襲するのでは

 女子では平昌五輪で4位に入賞、北京五輪への出場を惜しくも逃した宮原知子(24才)が4月1日に現役引退会見を開いた。

 四大陸選手権で2年連続銅メダルの本郷理華(25才)も今年1月に引退セレモニーを行い、その様子を感謝のメッセージとともにインスタグラムに投稿した。

 その一方で、引退を噂されながら“沈黙”を守り続けている選手もいる。

 15才で出場した平昌五輪で金メダルを獲得し、GPシリーズと世界選手権も制したロシアのアリーナ・ザギトワ(19才)だ。

 ザギトワは、平昌五輪の翌シーズンは不調に陥り、2019年12月のグランプリファイナルでは最下位に。ロシアのテレビ番組で「今季はもう大会に出場しない」「私はすでに勝利した。人生のすべてを手に入れている」と話したことが、事実上の引退宣言と受け取られた。だが、本人はすぐに自身のインスタグラムを更新し、「私は活動休止も『引退』するつもりもありません」と書き込んだ。

 その後、ザギトワは大学に通い、テレビ番組のキャスターなどの活動を続けているが、2019年のGPシリーズ以降、公式戦には一切出場していない。

「北京五輪には選手として参加せず、報道陣として現地入りし、取材していました。いま、フィギュアスケート関係者の間で囁かれているのが、羽生選手も“ザギトワ方式”を踏襲するのではないかということです。引退も現役続行も宣言しないまま、公式戦には出場せずにアイスショーやCMなどの活動を続けるという形です」(フィギュアスケート関係者)

 そもそもフィギュア選手の引退の条件とはどんなものなのか。

「企業に所属している場合には、所属契約終了によって引退という形になります。先に引退した宮原さんは『木下グループ』に所属していましたが、引退と同時に契約終了となりました。

 これと異なるのが小塚崇彦さん(33才)のケースです。トヨタ自動車に所属し、引退後も社員としてトヨタに籍を置き業務を行う傍ら、さまざまな活動を通して競技の普及にも注力しています」(前出・フィギュアスケート関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン