ライフ

認知症、白内障、悪性腫瘍、前十字靭帯断裂…老ペットを救うカリスマ獣医たち

光線温熱療法で使われる、近赤外線を高出力でスポット照射する光線治療器「スーパーライザー」(写真/東京猫医療センター)

老ペットの代表的な病気とは?(写真は光線温熱療法で使われる、近赤外線を高出力でスポット照射する光線治療器「スーパーライザー」/東京猫医療センター)

 人間に寄り添ってくれる愛犬や愛猫たち。医療の進歩によって、愛するペットの寿命も長くなっているが、老犬や老猫ならではの病気も少なくない。そこで、老ペットを救う“町のカリスマ獣医”に、代表的な病気と治療について教えてもらった。

●認知症 『井本動物病院(神奈川県横浜市)』井本史夫院長

「人間だけでなく、老化で犬や猫の脳にも様々な変化が現われます。人のアルツハイマー型認知症などに似た症状をみせることがあり、夜鳴き、徘徊、排泄の失敗などが認知障害の症状として挙げられます。当院では認知症外来を開設し、予防や治療には強い抗酸化作用を持つフェルラ酸のサプリメントなどを使います。症状によって薬剤なども使い分けます」

・家庭でできる犬の認知症テスト(一例)

(A)犬と向かい合い、犬に向かって少し足を進めてください。
【1】後ずさりした
【2】斜め、あるいは横に動いた
【3】じっとしている、人の足がぶつかった

(B)犬が暮らしている部屋でよく歩く場所に、犬の視線以上の高さの障害物を置いてください。
【1】さっさと避けて通った
【2】しばらく戸惑ったが、よけて通った
【3】立ち止まってじっとしている

【院長の解説】
「【3】があれば、動物病院に相談することをお勧めします。

(A)犬は後ずさりできる動物ですが、認知症が進行すると後ずさりができなくなります。角や狭い場所に入り込んで鳴いたり、眠り込んだりしている場合、認知症が中程度に進行していると考えてよいでしょう。

(B)認知症の犬は部屋の真ん中や壁などを前にして、どこに行けばよいか戸惑うような態度をみせることがよくあります。健常であれば障害物を回避する行動をします」

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン